bmr

bmr>NEWS>R.ケリー、次のアルバムは『ホワイト・パンティ』か

NEWS

R.ケリー、次のアルバムは『ホワイト・パンティ』か

R. Kelly - Black Panties (standard)

原点ともいえるセクシャルな内容に回帰した『Black Panties』を昨年12月にリリースしたR&B界の帝王、R.ケリー(R. Kelly)が、『Black Panties』の続編について語った。

ここ最近は往年のソウル・ミュージックを自己流に昇華したアルバムのリリースが続いていたR.ケリーだが、最新作『Black Panties』では、1993年にリリースしたソロ・デビュー作『12 Play』を継承する「エロ路線」に回帰。黒のパンティを履いた女性をチェロに見立てたアルバム・アートワーク(通常盤)や、本物の下着を特典として付けたスペシャル・パッケージの発売などでも話題を呼んだ。多作家としても知られるR.ケリーはすでに次のアルバムの制作に取りかかっているが、やはり『Black Panties』の続編になるようだ。V Magazineのインタビューで、『Black Panties』の続編を制作しているかと尋ねられると、R.ケリーは、「間違いない。『White Panties』というタイトルだ。新たなレベルの作品を期待していてくれ」と話している。R.ケリーは『Black Panties』の発売直後の時点で、「次のアルバムはすでに途中まで完成している。これも新たな『12 Play』アルバムになるだろう。このところ、メイクラブを歌うアルバムが枯渇しているからね」と明かしていた。

また、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)と〈King & Queen Tour〉というツアーを行うとも昨年末に発表していたR.ケリーだが、メアリーとデュエットするための曲を1曲制作中であると明かし、「ちょうど今スタジオに入っていて、俺とメアリーの曲に取りかかっているところ。1曲じゃなくてアルバム丸ごと一緒にできないかって提案したいと思ってるんだよ。これは今初めて言うことだけどさ。King & Queenなアルバムだね」と、アルバムに発展させたい考えも口にしている。『Black Panties』の発売直後には、2012年からレコーディングしているというクリスマス・アルバム『12 Nights Of Christmas』の存在も明かし、2014年の年末にリリースしたいとも発表。実際に映画『Best Man Holiday』のサウンドトラックには、“The Best Man Holiday”というクリスマス新曲を提供していた。