bmr

bmr>NEWS>ファレル、8年ぶり新作がついに発売!

NEWS

ファレル、8年ぶり新作がついに発売!

Pharrell - G I R L

惜しくもオスカーの栄冠には輝かなかったものの、最新の全米チャートで1位を記録するなどリード・シングル“Happy”が大ヒット中のファレル(Pharrell)が、ついにニュー・アルバム『G I R L』をiTunesで先行発売した。

先週、全米チャートでついに自身のソロ名義としては初の1位となった“Happy”は、ファレルが音楽でも関わったアニメ映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』(原題『Despicable Me 2』)に提供したオリジナル曲で、第86回アカデミー賞の最優秀オリジナル・ソング部門(歌曲賞)にもノミネート。自身初のオスカー・ノミネートとなった。惜しくもディズニーの大ヒット・アニメ『アナと雪の女王』(原題『Frozen』)のテーマ曲“Let It Go”に授賞の栄誉は譲ったものの、授賞式では、ここ最近のトレードマークともなっているヴィヴィアン・ウエストウッドの山型ハットの黒バージョンをかぶり、高校生クワイア、ダンサーたちと共に“Happy”のライブ・パフォーマンスを披露。妻子が眺める中、メリル・ストリープやルピタ・ニョンゴらをも踊らせ、ステージにはジェイミー・フォックス、も登場、観客を沸かせた。なおグラミー賞でかぶっていた茶色のハットはチャリティ・オークションに出品されていたが、最終的に4万4100ドル(およそ446万円)で落札されたとか。

ファレルの新作『G I R L』はこのオスカーの翌日となる3月3日(米時間)発売だが、時差のある日本でもiTunesで本日発売がスタート。ケリー・オズボーン(Kelly Osborne)が声を添え、ストリングスが気分を高揚させる“Marilyn Monroe”で始まり、ティンバランド(Timbaland)のビートボックスも交えたジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)参加の“Brand New”は、ナイル・ロジャース(Nile Rodgers)風のギターに軽快なホーン、コンガのリズムが響くグルーヴィンな曲に。“Happy”の路線に似た、レトロな要素をファレル風に落とし込んだような“Hunter”に続いて、“Gush”では初期ネプチューンズ(The Neptunes)を彷彿とさせるサウンドが展開。

大ヒット中の“Happy”を中盤に挟み、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)が声を添える“Come Get It Bae”は、ファレルがプロデュースした昨年の世界的ヒット、ロビン・シック(Robin Thicke)の“Blurred Lines”とかつてのネプチューンズ・サウンドが入り混じったようなファンキーな曲。共に『アメイジング・スパイダーマン』新作映画の音楽を手がけることになるハンス・ジマー(Hans Zimmer)の優美なストリングスが彩る“Gust Of Wind”は、“Get Lucky”などで組んだダフト・パンク(Daft Punk)が「ロボ声」をコーラスで聞かせるが、ファレル寄りのサウンドだ。トライバルなリズムと声によるミニマルなトラックの“Lost Queen”は、波の音に導かれて、ジョジョ(JoJo)と共に歌われるスイート・ソウル風の隠しトラック“Freq”へ。スカ調の“Know Who You Are”ではアリシア・キーズ(Alicia Keys)とのデュエットを披露する。最後は、ジャスティン・ティンバーレイク『Justified』風のサウンドを今のファレルがドゥーワップで組み立て直したような、まさにファレル印といった“It Girl”で締め括られる。

1. Marilyn Monroe
2. Brand New (duet with Justin Timberlake)
3. Hunter
4. Gush
5. Happy
6. Come Get It Bae
7. Gust Of Wind
8. Lost Queen
9. Know Who You Are (duet with Alicia Keys)
10. It Girl

“Happy” (live at Academy Awards 2014)