bmr

bmr>NEWS>リアーナ、声優も務めるアニメ映画を元にしたコンセプト・アルバムを制作へ

NEWS

リアーナ、声優も務めるアニメ映画を元にしたコンセプト・アルバムを制作へ

Rihanna MAC

年明け早々にはコロンビアの歌姫シャキーラ(Shakira)との共演曲“Can’t Remember To Forget You”で世間をにぎわせたリアーナ(Rihanna)の次なるアルバムは、ドリークワークスの新作映画を題材としたコンセプト・アルバムになるようだ。

映画『バトルシップ』で本格的な女優デビューも飾ったリアーナは、ドリームワークスによるアニメーション映画『Home』でヒロイン役の声優を務めることがすでに発表されていたが、この映画を題材としたコンセプト・アルバムをリアーナが制作しているという。ドリークワークスが、25日の決算発表の場でアナウンスしたとVarietyが報じている。詳細は不明だが、劇中でもリアーナ新曲が披露されるとのこと。『Home』はアメリカで今年11月26日の公開を予定しており、年間で最大の商戦の場となるサンクスギビングの時期でもあることから、『Unapologetic』以来となるリアーナ新作も同時期発売になる可能性が高そうだ。この「コンセプト・アルバム」が具体的にどういう内容かは特に発表されていないが、今年1月にはリアーナがすでに新作のレコーディングを開始していることが明らかになっており、ヒップホップ・プロデューサーのDJマスタード(DJ Mustard)がクラブ向けの新曲を制作中とも発言している。

映画『Home』は、アダム・レックスの児童書『The True Meaning of Smekday』を原作としたアニメ。ブーヴと呼ばれるエイリアンに侵略された地球で、運よく捕獲から逃れた12歳の少女チップが、とあるブーヴと知り合うというストーリーで、リアーナは少女チップの声を担当。主役となるオーというブーヴの役は、『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』などで知られるエミー賞受賞俳優ジム・パーソンズが担当する。また、チップの母親役をジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)が演じることも発表されている。

なおリアーナは、“The Monster”で共演したエミネム(Eminem)と共に、この8月にニューヨーク、ロサンジェルス、デトロイトの米3都市を廻る〈The Monster Tour〉を行うことも発表している。