bmr

bmr>NEWS>スタット・クオがドクター・ドレー、スカーフェイス、ビンクら参加の新作をリリース

NEWS

スタット・クオがドクター・ドレー、スカーフェイス、ビンクら参加の新作をリリース

Stat Quo - ATLA: All This Life Allows Vol. 1

以前にエミネム(Eminem)のShady Recordsおよびドクター・ドレー(Dr. Dre)のAftermath Entertainmentと契約していたことでも知られるアトランタのラッパー、スタット・クオ(Stat Quo)が、ドクター・ドレーらも参加する新作『ATLA: All This Life Allows Vol. 1』をデジタル・リリースした。

2003年にShady/Aftermathと契約するも、準備していたデビュー・アルバム『Statlanta』をなかなかリリースさせないことに不満を持って2008年にShady/Aftermathを離脱、以降はインディペンデントで活動しているスタット・クオ。2012年にはザ・ゲーム(The Game)と共同で新レーベル Rolex Recordsを発足させると発表、後にThe Firmと改められた同レーベルからは2013年にザ・ゲームのミックステープ『OKE: Operation Kill Everything』が発表され、スタット・クオはゲスト参加するだけでなく、エグゼクティヴ・プロデューサーの座に就くなど活躍。また、スタット・クオ同様にShadyを辞めたアトランタのラッパー、ボビー・クリークウォーター(Bobby Creekwater)とはFUPMというデュオを結成し、昨年12月にアルバム『FUPM Is The Future』を発表するなど意欲的に活動している。

前後して昨年9月には、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)やマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)らを讃えた新曲“Michael”をリリースしていたスタット・クオが、ソロとしての新作をついにリリース。2部構成となっているようで、2月25日にリリースされた第一弾『ATLA: All This Life Allows Vol. 1』は、Shady/Aftermathと契約する以前のアトランタでの生活を描いた内容となっており、年内にリリースされるという第二弾は、Shady/Aftermathと契約し、ロサンジェルスに移住してからの人生が描かれる予定とのこと。制作陣には、“Michael”を手がけたトーン・メイソン(Tone Mason)をはじめ、ビンク(B!nk)やLT・モー(LT Moe)らのほか、ドクター・ドレーの名前も。ゲストにはスカーフェイス(Scarface)、デヴィン・ザ・デュード(Devin The Dude)、クール&ドレー(Cool & Dre)のドレーらが参加している。

今回の新作『ATLA: All This Life Allows Vol. 1』については、スタット・クオは自主レーベル ATLA Musicを立ち上げて発売。その理由について彼は、「今は自分の音楽を自らiTunesで配信させることができる。iTunesは3割を持っていくから、9.99ドルで売るなら7ドルは自分の収益になる。どこかの流通会社と組んで配信するにしても、(iTunes側の分を抜いた7割から)彼らは2割取るから、悪い商売じゃない。ところがレーベルを通してリリースしたらどうなる? お前に残るのは1ドルくらいか? ちょっとした釣銭? 自分というブランドを築くという点においてだけは、レーベルはいいんだけどね」とコメントしており、メジャー・レーベル在籍時代などの教訓を生かして活動しているようだ。また、先日ついにShady/Aftermath/Interscope Recordsとの契約を解除した50セント(50 Cent)についても、「50セントという自分のブランドはすでに確固たるものになっているのだから、(辞めたことは)とても賢いね」と語っている。

1. Thats Life (Pt. 1) (prod. by B!nk)
2. My Niggas feat. Stoney Brown (prod. by Deuno and D.K.)
3. OutKast*Relax (prod. by Deuno and A.O.)
4. Living To Get High (prod. by Ty Cutta)
5. Feel It (prod. by Deuno)
6. 4 Wheel Dreamin* Late Night feat. Sha Sha (prod. by Deuno and Amir Perry)
7. The Way It Be feat. Scarface (prod. by Steve Esterfern and Dr. Dre)
8. Trillion feat. Dre (prod. by Tone Mason)
9. Guilty (prod. by Amir Perry)
10. Michael (prod. by Tone Mason)
11. Pussy feat. Devin The Dude (prod. by LT Moe)
12. That’s Life (Pt. 2) (prod. by B!nk)

“That’s Life Part II” (prod. by B!nk)

“That’s Life Part I” (prod. by B!nk)