bmr

bmr>NEWS>ニーヨ、「R&Bのルーツに戻る」新作を夏に

NEWS

ニーヨ、「R&Bのルーツに戻る」新作を夏に

Ne-Yo

Motown RecordsのA&R部門の副部門長に就任し、自身の音楽レーベル Compound Universityも立ち上げるなど、自身のアーティスト活動以外でも多忙な人気シンガー/プロデューサーのニーヨ(Ne-Yo)が、いよいよ自身の音楽活動を再開。バレンタインに無料EPを発表したのに続けて、夏にニュー・アルバムをリリース予定であることを明かした。

アーティストとしても2012年にMotown Recordsに移籍し、『R.E.D.』をリリースしたニーヨだが、最近はセリーヌ・ディオン(Celine Dion)やデヴィット・ゲッタ(David Guetta)曲への参加はあったものの、プロデュースやソングライティングなど裏方としての活動が中心になっていた。しかし、今年2月14日のバレンタインには、3曲の新曲を収録したEP『3 Simply Rules』を無料配信。ファンを喜ばせたが、ニュー・アルバムもすでに準備中だという。

米Billboard誌のインタビューに応じたニーヨは、この夏にニュー・アルバムをリリース予定と明かし、『3 Simply Rules』で聞かせたように「R&Bのルーツに戻る」内容になっているとか。「いまは俺のニュー・アルバムに集中しているんだ。夏頃にたぶん出る予定で、今回は大半がR&Bだよ。これまでダンス・ミュージックもちょっとやってきたし、受け入れてくれたファンのことも愛している。でも、このアルバムでは“ホーム”に戻らなくちゃってね。自分のルーツに戻るんだ。2曲くらいはダンス・ファンが気に入るような曲はあるだろうけど、大半はR&Bになるよ」と、新作でのR&B回帰を宣言した。

Closer”や、“Beautiful Monster”、“Let Me Love You (Until You Learn To Love Yourself)”など、ダンス路線のイメージが強くなったニーヨは、前作『R.E.D.』のリリース前にも、「ニーヨはR&Bから離れてしまった」という論調に怒りを見せ、原点回帰すると語っていたものの、蓋を開けると自ら「R&Bとポップのいいバランスをとった」内容になっていた。これについては本人も自覚があるようで、「実際のところ、前2作でもR&Bのルーツに戻ろうとしていたんだけど(できなかった)」と振り返っており、今度こそR&B回帰を実現させる意気込みだ。

なお、以前から、ニーヨの過去の未発表音源をまとめたアルバムが『The Apprenticeship of Mr Smith』のタイトルで出回り、昨年には『The Birth of Ne-Yo』というタイトルでデジタル配信もされていたが、これについてはニーヨ公認の作品ではないと強調。配信サイトなどに削除するよう求めているとのこと。