bmr

bmr>NEWS>ティンバランド、ジョデシィ19年ぶりの新作への参加を認める

NEWS

ティンバランド、ジョデシィ19年ぶりの新作への参加を認める

Timbaland & Devante Swing at mix session for Jodeci album

90年代に活躍し、男性コーラス・グループのひとつの定型として現在も大きな影響を与えているR&Bグループ、ジョデシィ(Jodeci)。噂されている彼らの久々のニュー・アルバムに、先日のグラミー賞でも手がけたジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)作品が授賞に輝いた世界的プロデューサー、ティンバランド(Timbaland)が関わっていることを認めた。

ティンバランドがジョデシィ新作に関わっているのではという話は、昨年12月、ジョデシィのリーダー、デヴァンテ・スウィング(DeVante Swing)とティンバランドが共にスタジオ入りした写真がInstagramで公開され、「ジョデシィ17年ぶりのアルバムのためのミックス・セッション。再結成は始動しているよ」と綴られていたことから話題の的となっていたが、ティンバランド自身がこれを認めた。ティンバランドはファンとのチャット企画の中で、「ところで……この前デヴァンテと会ったよ。ジョデシィの新作の制作を助けているんだ。言うつもりじゃなかったんだけどな。でもジョデシィの新作に関わっているよ。いい感じだぜ」と語り、ジョデシィ新作に携わっていることを明かしている。

たびたび再結成が報じられるジョデシィは、新作リリースの話も何度も持ち上がっていたが、これまで具体的な形には至っていない。1995年リリースの『The Show – The After-Party – The Hotel』以来リリースが途絶えており、実現すれば19年ぶりの新作発表となる。ジョデシィのメンバーであるケイシー&ジョジョ(K-Ci & JoJo)は、デュオとして11年ぶりとなる新作『My Brother’s Keeper』を昨年9月にリリースしている。

ティンバランドは元々はデヴァンテ・スウィングに目をかけられ、デヴァンテ率いるダ・ベースメント(Da Bassment)の一員としてシーンに登場、いわばデヴァンテの弟子的存在であり、ジョデシィの作品にも携わっていた。 いまや世界的プロデューサーとなったティンバランドは、自身の新作『Textbook Timbo』を準備中のほか、ジョデシィ新作以外にもダ・ベースメント時代からの盟友ミッシー・エリオット(Missy Elliott)や、ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)新作などへの参加も明らかになっている。

Timbaland ft. Jay Z, Drake & James Fauntleroy – Know Bout Me