bmr

bmr>NEWS>スクールボーイ・Qのメジャー・デビュー作にケンドリック・ラマー、レイクウォン、タイラーら参加

NEWS

スクールボーイ・Qのメジャー・デビュー作にケンドリック・ラマー、レイクウォン、タイラーら参加

ScHoolboy Q - Oxymoron (standard)

2012年の『good kid m.A.A.d city』で一躍脚光を浴びたケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)と同じTop Dawg Entertainment (TDE)所属のラッパーで、米ヒップホップ誌XXLが毎年発表している恒例企画「XXL Freshmen Class」の2013年版で期待のラッパー10人のひとりに選ばれたスクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)が、ついにメジャー・デビュー作『Oxymoron』をリリースする。

カリフォルニア州コンプトン出身のスクールボーイ・Qは、同じTDE所属となるケンドリック・ラマー、アブ・ソウル(Ab-Soul)、ジェイ・ロック(Jay Rock)らと共にブラック・ヒッピー(Black Hippy)というクルーとしても活動していることでも知られるラッパー。2012年1月にデジタル配信でリリースされた『Habits & Contradictions』は高い評価を集め、日本では初のCD化となる国内盤もリリース。ケンドリックのブレイクや、XXLによる「期待の新人ラッパー」に選ばれるなどもあってさらに注目度が増しているところだ。そしてケンドリックに続いてメジャー・デビューが期待されているブラック・ヒッピーの面々の中から、ついにスクールボーイ・Qが注目のニュー・アルバム『Oxymoron』をメジャーからリリースする。

当初は昨年中のリリースが予定されていた『Oxymoron』は、サンプリングの許諾に時間がかかったこともあって幾度かの延期を経験し、ようやく今年2月25日の発売が決定。ケンドリック・ラマーとの話題のシングル“Collard Greens”、最新の全米R&B/Hip Hop Songsチャートで22位に初登場している“Man Of The Year”、アルケミスト(The Alchemist)が手がけた“Break The Bank”といったシングルを筆頭に、通常盤は全15曲、デラックス盤は17曲を収録する。同じブラック・ヒッピーのジェイ・ロックや、昨年TDE入りを果たした女性シンガーのSZA(シザ)らをはじめ、コラプト(Kurupt)、シュガー・フリー(Suga Free)、タイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)、BJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)といった西海岸勢から、レイクウォン(Raekwon)、トゥー・チェインズ(2 Chainz)といった面々がゲスト参加。一方で、制作が長引いたためか、公言していたエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らの参加は無くなってしまったようだ。

また同時リリースとなるデラックス盤には2曲のボーナストラックが収録され、2013年にリリースされていた、ボーイ・ワンダ(Boi-1da)のプロデュースによるリード・シングル“Yay Yay”がそのうちの1曲となる。制作陣については正式に明かされていないが、今年1月の時点でクラムズ・カシーノ(Clams Casino)の参加が明らかにされているほか、昨年4月の段階ではファレル(Pharrell)やデイヴィッド・バナー(David Banner)とのレコーディングも報じられている。

“Man Of The Year” with The Roots (live on Jimmy Fallon)

“Collard Greens” feat. Kendrick Lamar

1. Gangsta
2. Los Awesome (feat. Jay Rock)
3. Collard Greens (feat. Kendrick Lamar)
4. What They Want (feat. 2 Chainz)
5. Hoover Street
6. Studio (feat. BJ the Chicago Kid)
7. Prescription/Oxymoron
8. The Purge (feat. Tyler, the Creator & Kurupt)
9. Blind Threats (feat. Raekwon)
10. Hell Of A Night
11. Break The Bank
12. Man Of The Year
13. His & Her Friend (feat. SZA)
14. Grooveline Pt. 2 (feat. Suga Free)
15. Fuck LA