bmr

bmr>NEWS>グラミー4冠のマックルモア、無冠のケンドリック・ラマーに「君が授賞すべきだった」

NEWS

グラミー4冠のマックルモア、無冠のケンドリック・ラマーに「君が授賞すべきだった」

Macklemore & Ryan Lews grammy acceptance via Macklemore's instagram

現地時間で1月26日夜に第56回グラミー授賞式が開催され、授賞結果ライブ・パフォーマンスが大きな注目を集める中、有力候補のひとりと見られていた人気ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が7部門でノミネートを受けていたにもかかわらず無冠に終わり、ヒップホップの主要な賞をマックルモア&ライアン・ルイス(Macklemore & Ryan Lewis)が授賞したことが話題となっている。

今年のグラミー賞ではダフト・パンク(Daft Punk)が、ノミネートされた5部門ノミネートすべてを獲得。最多の5冠である上にレコード・オブ・ザ・イヤー、アルバム・オブ・ザ・イヤーと主要4部門中2部門も制した。そしてダフト・パンクに続く大勝となったのが4冠のマックルモア&ライアン・ルイス。インディながら地道なライブ活動を通じてファンの基盤を広げて行った新進ヒップホップ・デュオだが、徐々にメディアでも大きく取り上げられるようになり、“Thrift Shop”が2013年に入って全米チャート1位まで上昇し、一気にブレイク。米Billboard誌が発表した年間チャートで、“Thrift Shop”と“Can’t Hold Us”がシングル総合チャートでそれぞれ年間1位と5位に輝くなど、一躍人気者となった存在だ。

マックルモア&ライアン・ルイスもまたケンドリック・ラマー同様に7部門ノミネートを受けており、最優秀新人賞、最優秀ラップ・アルバム、最優秀ラップ・パフォーマンスでライバルとなっていたが、これらは全てマックルモア&ライアン・ルイスが授賞。彼らは“Thrift Shop”で最優秀ラップ・ソングも授賞し、ラップ部門ではほぼ独占状態となった。一方で期待されたケンドリック・ラマーは無冠に終わっており、ヒップホップ・ファンを中心にこの結果は様々な議論を巻き起こしている。特にグラミー開催前には、グラミー賞を運営するレコーディング・アカデミーのラップ関係のメンバーの大半が、マックルモア&ライアン・ルイスは「ポップ」であり、ラップ・カテゴリーから外すべきとの意見だとAP通信が報じるなど、彼らの受け入れられ方もこの議論の根底にある。

こうした問題から、マックルモア&ライアン・ルイスは「自分たちはラップ・カテゴリーでノミネートするに値すると思う」とコメントしていたが、ケンドリックの無冠には思うところがあったようだ。マックルモアは、授賞後ケンドリック宛に送ったメールのスクリーンショットをInstagramに公開、そこには「君は(グラミーを自分たちに)奪われたんだ。君に授賞してほしかった。そうあるべきだったんだ。俺が君から奪ったなんて妙な感じだ」などと綴られている。さらに出演したラジオ番組では、「祝福されたと同時に呪われたようだよ。呪いのほうが少し上かな」と複雑な心境を明かし、「ケンドリックは友人だし、彼の音楽は大好きだ。俺の意見では彼は2013年で最高のラップ・アルバムを出した。俺たちも素晴らしいアルバムを作ったと思ってるけど、ケンドリックのほうがより素晴らしいラップ・アルバムだったと思っている」と話した。一方、ケンドリック・ラマーはグラミー後の取材に対し、「(グラミー賞は)他人の意見だ。マックルモアはラップをし、みんながそう受け止めた」と言葉少なに語っている。

なお、グラミー賞ではマックルモア&ライアン・ルイスは、メアリー・ランバート(Mary Lambert)、トロンボーン・ショーティ(Trombone Shorty)らと共に、同性愛や同性婚について歌った“Same Love”をパフォーマンス。中盤ではクイーン・ラティファ(Queen Latifah)が現れて「この歌はラブ・ソング。一部の人のための歌ではなくて、私たちみんなのための歌よ」とスピーチ、34組のカップルが登場して“ライブ結婚式”が開催された。またマドンナ(Madonna)も登場し、1986年の“Open Your Heart”をマックルモア&ライアン・ルイスらと披露した。ケンドリック・ラマーは、ロック・バンドのイマジン・ドラゴンズ(Imagine Dragons)とのコラボレーション・ステージを披露、特にケンドリックのエモーショナルなパフォーマンスには絶賛の声が上がっている。

Macklemore & Ryan Lewis, Mary Lambert, Madonna & Queen Latifah – Same Love / Open Your Heart

Kendrick Lamar & Imagine Dragons – m.A.A.d. City / Radioactive

>> グラミー賞パフォーマンス映像まとめはこちら