bmr

bmr>NEWS>ブラン・ニュー・ヘヴィーズのサイモンが、ディスコ・オールスター企画な新プロジェクトをリリース

NEWS

ブラン・ニュー・ヘヴィーズのサイモンが、ディスコ・オールスター企画な新プロジェクトをリリース

JBZ - iDisco

90年代初頭に隆盛した「アシッド・ジャズ」ムーヴメントの代表的グループとして知られる英バンド、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ(The Brand New Heavies)。今年、実に7年ぶりとなる新作『Forward』をリリースし、好評を博した彼らだが、そのヘヴィーズのギタリストとして知られるサイモン・バーソロミューらによる新プロジェクト=JBZ(ジェイビーズィー)がデビュー・アルバム『iDisco』を18日、リリースした。

このJBZは、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのサイモン・バーソロミュー(Simon James Bartholomew)と、ビンボー・ジョーンズ(Bimbo Jones)としても活動するDJ/リミキサーのマーク・JB(Marc Jackson Burrows)によるユニット。両者ともミドルネームとラストネームが「JB」であることからJBZと名づけられた。家が近所だったことから自然発生的にセッションが始まり、両者ともに70年代~80年代のディスコ・ファンクが好きだったことから、ディスコ・サウンドのアルバムを作ることになったとか。

こうして最初に「ディスコ・クイーン」ジョセリン・ブラウン(Jocelyn Brown)のレコーディングからスタートして数年、ついに彼らのアルバム『iDisco』が完成。今年の大ヒット・シングル、ダフト・パンク(Daft Punk)の“Get Lucky”によってディスコやブギーへの再評価が高まる、最高のタイミングでリリースされる。ジョセリン・ブラウンが歌う、まさに“Get Lucky”のようなフィーリングの“Don’t Lose Control”で幕を開ける本作は、KC&ザ・サンシャイン・バンド(KC & The Sunshine Band)、“Mama Used To Say”などで知られるジュニア(Junior Giscombe)、“You Make Me Feel Like Dancing”などで知られるベテラン、レオ・セイヤー(Leo Sayer)から、ヘヴィーズと同じくアシッド・ジャズ期から活躍するソウル・シンガーのオマー(Omar)、イギリスを代表する歌姫ビヴァリー・ナイト(Beverley Knight)らや、ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)などでボーカルを務めるシャーリーン(Sharlene Hector)とヴーラ(Vula Malinga)など数々の実力派シンガーたちが参加。アシッド・ジャズを思わせる軽快なダンス・ナンバーから、ブギー・ファンクまで、様々なディスコ~ファンク~ソウル・ミュージックが詰まった快作となっている。

ジュニアとのレコーディング風景

シャーリーン、ヴーラとのレコーディング風景

1. Don’t Lose Control (feat. Jocelyn Brown)
2. Bring The Beat Back (feat. Junior Giscombe)
3. If U Wanna Party (feat. Kid Fuss)
4. JBZ
5. Atlantic Funk Affair (feat. John Altman)
6. Beautiful (feat. Beverley Knight)
7. You Do Something To Me (feat. Rita Campbell)
8. Build You A Rainbow (feat. Leo Sayer)
9. 5432 (feat. Aurora Dawn)
10. So Right (feat. Rappers Delight)
11. Bitter Sweet (feat. Kenny Thomas)
12. Let Me Be The One (feat. KC)
13. Standup (feat. Sharlene & Vula)
14. Dancing All Night (feat. Omar)