bmr

bmr>NEWS>トニ・ブラクストン&ベイビーフェイスがアダルトR&Bチャートで首位に、両者共に10年以上ぶりのヒット

NEWS

トニ・ブラクストン&ベイビーフェイスがアダルトR&Bチャートで首位に、両者共に10年以上ぶりのヒット

Toni Braxton & Babyface - Hurt You

90年代に数々の輝かしいヒットを放ち、来年デュエット・アルバムをリリースする予定のトニ・ブラクストン(Toni Braxton)とベイビーフェイス(Kenneth “Babyface” Edmonds)が、リード・シングル“Hurt You”でAdult R&B Songsチャートで1位を獲得。両者共に10年以上ぶりのヒットとなっている。

これまで6度グラミー賞に輝き、2ndアルバム『Secrets』は世界で1500万枚も売り上げるなど、トップ・シンガーのひとりと言っても過言ではないトニ・ブラクストンは、大御所プロデューサーのベイビーフェイスとのタッグで、“You’re Makin’ Me High”、“Let It Flow”、“Breathe Again”、“Another Sad Love Song”、“You Mean The World To Me”など数々のヒットを90年代に送りだしたが、この黄金コンビが復活。Motown Recordsからデュエット・アルバム『Love, Marriage & Divorce』をリリースすると今年6月に発表した。9月にはその新作からのリード・シングル“Hurt You”がリリースされ、じわじわとラジオで人気を拡大。ラジオ・オンエアを集計対象とするAdult R&Bチャートで、10月19日付けで3位、そして11月9日付けで2位まで上昇するも、ロビン・シック(Robin Thicke)の大ヒット“Blurred Lines”に阻まれこれまでずっと2位に甘んじていたが、17週1位を独占という“Blurred Lines”を今週の最新チャートでついに陥落し、1位となった。同チャートで1位を取ったのは、トニ・ブラクストンが2000年の“Just Be A Man About It”以来13年ぶり、ベイビーフェイスが1997年の“Every Time I Close My Eyes”以来16年ぶりとなる。

トニ・ブラクストン&ベイビーフェイス『Love, Marriage & Divorce』は、当初11月の発売を予定していたものの延期しており、来年2月4日の発売予定となっている。“Hurt You”に続いては“Roller Coaster”という曲が次のシングルとして発表される予定。また11月には、発売延期の代わりなのか、クリスマスの定番“Have Yourself A Merry Little Christmas”のカバー音源が発表されている。なお、ベイビーフェイスはビヨンセ(Beyonce)“Best Thing I Never Had”や、元はビヨンセのための曲だったというアリアナ・グランデ(Ariana Grande)“Baby I”などのプロデュースで最近ふたたび活躍している。

“Hurt You”

“Hurt You” (live on the Arsenio Hall Show)

“Have Yourself A Merry Little Christmas” (audio)