bmr

bmr>NEWS>アウトキャスト、来年こそ再始動?

NEWS

アウトキャスト、来年こそ再始動?

Outkast

最優秀アルバム賞などグラミーの栄冠に6度輝き、ジャンルの枠を超えて人気を博すヒップホップ・デュオでありながら、映画のサウンドトラックとして発表された『Idlewild』以来、グループとしては実に7年以上も沈黙したままとなっているアウトキャスト(Outkast)。その期待の大きさゆえか、何度も再始動の話が噂されているが、今度は来年のコーチェラ・フェスでアウトキャストがパフォーマンスするという話が飛び出している。

歴史に名を残すミュージシャン、ジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)を描く伝記映画『All Is By My Side』でジミ役を演じる一方で、ここ最近はゲスト参加の形で音楽活動も続けているアンドレ3000(Andre 3000)。対して相方のビッグ・ボーイ(Big Boi)は、2010年に『Sir Lucious Left Foot: The Son Of Chico Dusty』、昨年は『Vicious Lies and Dangerous Rumors』とアルバムをリリースし積極的にソロ活動に動いている。2011年には、所属レーベルのJive Recordsの閉鎖に伴い、同じソニー系レーベルであるEpic Recordsへ移籍したことから、2012年に新作を出すという噂が流れたものの、2012年2月にはアンドレが「現時点において、アウトキャストとしてアルバムをリリースする予定はまったくないと言わざるを得ない」と完全否定した。一方で今年1月には、フランク・オーシャン(Frank Ocean)の『channel ORANGE』に収録されたアンドレ参加の“Pink Matter”にビッグ・ボーイが参加するという擬似的なリユニオンが実現。しかしこれは元々、フランクが“アウトキャストの参加”を熱烈にオファーするも他人のアルバムに“アウトキャストの曲”があるのをよしとしないアンドレの意向に沿ってアンドレのみがゲスト参加し、ビッグ・ボーイが参加を見送ったという経緯があり、ビッグ・ボーイも参加した“Pink Matter”が発表された後もアンドレは「これはアウトキャストのコラボレーションではない」「非公式なリミックス」として、あくまでも“アウトキャストではない”という姿勢を貫いた

そうした中、米Billboard誌が、来年の〈Coachella Valley Music and Arts Festival〉でアウトキャストが再結成パフォーマンスを披露する予定だと報道。同フェスの関係者筋複数から得た情報だという。来年のコーチェラ・フェスは4月11日からスタートする予定。再始動の場にふさわしい大舞台ではあるが、現時点でアウトキャストやEpic Recordsの広報、コーチェラのオーガナイザーなどはBillboard側からの質問に沈黙を守っている。なおビッグ・ボーイは以前に、ふたりのスケジュールが共に空けば、アウトキャストが再始動することもあり得るとコメントしている。

Frank Ocean ft. Andre 3000 & Big Boi – Pink Matter (Remix)