bmr

bmr>NEWS>ルーベン・スタッダード、デイヴィッド・フォスターとの新作を来年2月に

NEWS

ルーベン・スタッダード、デイヴィッド・フォスターとの新作を来年2月に

Ruben Studdard

『アメリカン・アイドル』優勝者として知られ、かのグラディス・ナイト(Gladys Knight)に「ベルベットの歌声を持つテディ・ベア」と呼ばれた人気R&Bシンガー、ルーベン・スタッダード(Ruben Studdard)が、大御所プロデューサーのデイヴィッド・フォスター(David Foster)と制作したニュー・アルバムを来年2月にリリース予定であることが発表された。

昨年3月にインディ・レーベルのShanachie Recordsから『Letters From Birmingham』をリリースしたルーベン・スタッダードだが、新たに、2011年末にデイヴィッド・フォスターがトップとなったVerve Recordsとのメジャー契約を獲得。来年2月にニュー・アルバム『Unconditional Love』を発売することが発表された。およそ2年ぶりとなるこの新作は、これまで16度グラミーに輝いた大御所プロデューサーであるデイヴィッド・フォスターが制作に関わっており、2曲のオリジナル曲をのぞく全ての曲が、スタンダードとして親しまれている名曲のカバーとなるという。テディ・ペンダーグラス(Teddy Pendergrass)の“Close The Door”やボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)の“Look What You’ve Done To Me”などから、ビートルズ(The Beatles)の“My Love”や、カーペンターズ(The Carpenters)“Close To You”といった曲が取り上げられ、ボニー・レイット(Bonnie Raitt)“I Can’t Make You Love Me”のカバーではスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)がハーモニカで参加し、シリータ(Syreeta Wright)とビリー・プレストン(Billy Preston)が歌った“With You I’m Born Again”ではレイラ・ハサウェイ(Lalah Hathaway)がデュエット相手を務めるとか。

リード・シングルとなるのは2曲あるオリジナル曲の1曲となる“Meant To Be”という曲で、デイヴィッド・フォスターと書き上げた曲なのだとか。フォスターはルーベンについて、「シルキーで、品があって、セクシーで、ロマンティック……降参してしまうほどに。これが私がルーベンの比類ない歌声を表現するときの言葉だ。素晴らしい歌声の持ち主だよ」とコメントしている。この新作『Unconditional Love』は来年2月4日発売予定。またルーベンは、来年レイラ・ハサウェイとのツアーも予定としているとのこと。