bmr

bmr>NEWS>スウィズ・ビーツ、今はDMXの復帰作に集中

NEWS

スウィズ・ビーツ、今はDMXの復帰作に集中

DMX & Swizz Beatz at backstage of Alicia Keys NYC concert 2013

現在来日中のアリシア・キーズ(Alicia Keys)の夫としても知られる人気ヒップホップ・プロデューサーのスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)が、共にラフ・ライダーズ(Ruff Ryders)一派として活躍したラッパーのDMXの新作のエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、「今はDMXの新作に集中したい」と本腰を入れて作業に当たることを明かした。

昨年、6年ぶりにリリースした新作『Undisputed』でも2曲に参加していたスウィズ・ビーツだが、この10月にもDMXの新作の制作に大きく関わっていることを明かし、「Xとはいろんなビッグ・プランを用意している」と語っていたが、MTVの取材によれば、このニュー・アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーも務めるという。「いまは何もかも、DMXのために動いてるよ。いまもっとも集中してやろうとしていることなんだ。なぜなら、すべてが始まったのがそこからだったからね」とコメント。今年に入って4度も逮捕されているほか、今年7月に米連邦破産法11章の適用を申請するも今月に入って申請が却下されるなど、数々の法的トラブルを抱えているDMXだが、「彼はいろんなことをくぐり抜けてきた……でも彼はDMXだ! いまはいい調子だよ。でも新曲を聴くまで待ってくれ。そうすれば彼が今どんな状態か、本当に分かるはずだ。頑張って制作してるよ。発表するのが待ちきれないね」と、音楽面でしっかりサポートする旨を語っている。

またスウィズ・ビーツは、ジェイダキス(Jadakiss)、スタイルズ・P(Styles P)、シーク・ルーチ(Sheek Louch)から成るロックス(The Lox)の新作についてもDJキャレド(DJ Khaled)と共にエグゼクティヴ・プロデューサーとなることが昨年明らかにされていたが、こちらについては「素晴らしいコンセプトで動きだしてはいるが、俺はスタイルズ、キス、シーク3人に任せてある」と制作状況について明言は避けたものの、「10曲はすでに出来ている」とか。