bmr

bmr>NEWS>ソランジュが自身のレーベルからキャシー、ジェネイ・アイコらも参加のコンピをリリース

NEWS

ソランジュが自身のレーベルからキャシー、ジェネイ・アイコらも参加のコンピをリリース

Saint Records presents Saint Heron

2008年に発表した『Sol-Angel & The Hadley St. Dreams』に続いて、昨年末にリリースした久々の新作となるEP『True』も高い評価を獲得し、ファッション・アイコンとしても人気の女性シンガー、ソランジュ(Solange Knowles)が、11月に自身のレーベルからコンピレーション・アルバムを発売することを発表した。

昨年11月にデジタル・リリース、今年1月にCDで発売となった最新作『True』も高く評価され、いまや“ビヨンセ(Beyonce)の妹”という説明も不要になるほど、自身の個性を確立したソランジュ。今年5月には、Sony Musicと配給契約を結ぶ形でSaint Recordsという自主レーベルをスタートさせたことを発表していたが、その第一弾リリースがついに明らかになった。ソランジュが11月12日にリリースすると発表したのは『Saint Heron』と題されたコンピレーション。全12曲を収録し、ソランジュ自身はもちろんのこと、キャシー(Cassie)、ジェネイ・アイコ(Jessie Aiko)といった女性シンガーや、ドレイク(Drake)新作にも参加して話題を呼んだサンファ(Sampha)など全12組が楽曲を提供するという。

このコンピ『Saint Heron』からは、ソランジュなどのバックコーラスを務め、今年8月に来日公演も行ったLAの新進女性シンガーのケレラ(Kelela)が先日発表した無料アルバム『Cut 4 Me』にも収録されていた“Go All Night”がリード・シングルとして発表されている。他には、男性デュオのBC・キングダム(BC Kingdom)、ソフィア・フレッシュ(Sophia Fresh)の前身グループのメンバーだったジェイド・ド・ラフルール(Jade de La Fluer)、ラッパーのブルー(Blu)などとも親交があるメンバーによるユニット=ロゴス(Log.os)に参加していた男性シンガー、イマン・オマリ(Iman Omari)、南アフリカ発のプティ・ノワール(Petit Noir)、ソランジュの『True』を手がけたデヴ・ハインズ(Dev Hynes)周辺の男性ラッパー、スターチャイルド(Starchild)や、ポロウ・ダ・ドン(Polow Da Don)のZone 4と契約していたアトランタの女性シンガー・ソングライター、インディア・ショーン(India Shawn)といった、音楽マニアらしいソランジュならではのラインアップとなっている。

ソランジュ自身もダーティ・プロジェクターズ(Dirty Projectors)、グリズリー・ベアのクリス・テイラー(Chris Taylor of Grizzly Bear)、デヴ・ハインズといった面々と交流し、独自の世界観とサウンドを展開しているが、このコンピレーションも、インディ・ロックやエレクトロ/アンビエントなどのサウンドを取り入れた、「オルタナティブ」「レフトフィールド」と形容される独自の個性的なR&B楽曲集となる模様。ソランジュは「ジャンルを無視したR&Bアーティストのコミュニティをもっと育てたい。この『Saint Heron』でそれを祝福し、また継続させていきたいの。参加している素晴らしい才能のアーティストはすべて個人的につながっている人たち。音楽の新たなムーブメントとしてこのコンピレーションに彼らを集結させられてとても嬉しいわ」とコメントしている。この『Saint Heron』は、11月12日にデジタル・リリースされるほか、ソランジュによれば限られた店舗でフィジカルCDが販売される予定とのこと。

参加アーティスト:
BC Kingdom
Jade de La Fluer
Kingdom feat. Kelela
Iman Omari
Sampha
Petite Noir
Starchild
Cassie
India Shawn
Jhene Aiko
Solange

Kelela – Go All Night

Kelela Boiler Room Los Angeles LIVE Show

Kelela ‘Cut 4 Me’ (free album)

Starchild ‘Night Music’ (free EP)