bmr

bmr>NEWS>ユニバーサル新キャンペーンでDMX、50セント、ギャング・スターらの名作がレコードで復活

NEWS

ユニバーサル新キャンペーンでDMX、50セント、ギャング・スターらの名作がレコードで復活

Respect The Classics

Universal Music Enterprisesが「Respect The Classics」と銘打ったヒップホップ旧譜再発キャンペーンをスタートさせ、EPMDイージー・E(Easy-E)らの25周年記念スペシャル・エディションなどのリリースに続けて、DMX50セント(50 Cent)、スリック・リック(Slick Rick)、パブリック・エナミー(Public Enemy)、ギャング・スター(Gang Starr)、オニックス(Onyx)らの名作を続々とリイシューさせることを発表した。

9月3日にスタートしたこの「Respect The Classics」というキャンペーンは、まず第一弾としてイージー・Eのソロ・デビュー作『Easy-Duz-It』の発売25周年記念スペシャル・エディション、EPMDのデビュー作『Strictly Business』の発売25周年記念スペシャル・エディションをCDとデジタルで発売。さらにイージー・E『Easy-Duz-It』、アイス・キューブ(Ice Cube)『AmeriKKKa’s Most Wanted』、N.W.A.『Straight Outta Compton』といった名盤のリマスター版をレコードで再発したほか、N.W.A.のデビュー作『N.W.A & The Posse』がCDとデジタルで再発されている。

これに続けて10月22日には、DMXが1998年にリリースしたデビュー作とセカンド・アルバム、『It’s Dark And Hell Is Hot』と『Flesh of My Flesh, Blood Of My Blood』の2作が、発売15周年を記念してレコードで再発。11月12日には50セントのデビュー作『Get Rich Or Die Tryin’』(10周年)、スリック・リックのデビュー作『The Great Adventures Of Slick Rick』(25周年)、パブリック・エナミーのセカンド・アルバム『It Takes A Nation Of Millions To Hold Us Back』(25周年)が、12月10日にはギャング・スター『Step In The Arena』、オニックス『Bacdafucup』が選ばれており、時代を問わず名盤を再発していくようだ。これらはレコードでの再発となる予定だ。

さらに発売日はまだ未定ながら、エミネム(Eminem)『The Slim Shady LP』、リル・ウェイン(Lil Wayne)『Tha Carter』、コモン(Common)『Like Water For Chocolate』、カニエ・ウェスト(Kanye West)『808s And Heartbreaks』、N.E.R.D. 『In Search Of』、2パック(2Pac)『Greatest Hits』、そしてD12の『Devils Night』と『D12 World』なども今後の予定タイトルとして挙がっているとか。

>> Respect The Classics公式サイト