bmr

bmr>NEWS>アリアナ・グランデ、早くも来年2月に新作をリリースか

NEWS

アリアナ・グランデ、早くも来年2月に新作をリリースか

Ariana Grande

90年代のマライア・キャリー(Mariah Carey)は、ほぼ1年のブランクでコンスタントに新作をリリースして黄金期を作り上げたが、そのマライア・キャリーから大きく影響を受けている20歳の新世代ポップ・プリンセス、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)も同じ道を辿るようだ。先日デビュー・アルバムをリリースしたばかりの彼女の新作は、来年2月のリリースを予定しているという。

日本でも放送されている青春ミュージカル・ドラマ『ビクトリアス』のキャット役で人気のティーン・アイドルで、そのキュートなルックスと、マライア・キャリーを彷彿とさせる歌声で「ヤング・マライア」「ミニ・マライア」とも評されるアリアナ。9月3日に発売となったデビュー・アルバム『Yours Truly』は、発売1週間でおよそ13万8000枚を売り上げ、今週の米Billboardアルバム総合チャートで見事、初登場1位を獲得。いまもっとも勢いのある新人だが、その勢いのあるうちに早々に新作をリリースする構えだ。

以前に、アリアナ・グランデのマネージャーで、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)やカーリー・レイ・ジェプセン(Carley Rae Jepsen)などのポップ・スターのマネジメントも務めることでも知られるスクーター・ブラウン(Scooter Braun)が「デビュー・アルバムは8月に出して、セカンド・アルバムを2月か3月に出そうと話し合っているところ。彼女はかなりの量をレコーディングしているから、この勢いを継続させられると思うんだ」と構想を明かしていたが、実際にレコーディングは進められているという。これはアリアナが米Rolling Stone誌のインタビューの中で答えたもので、「新作は2月に出るそうですが?」との質問に彼女は、「もうレコーディングは始まってるの。もう数曲は仕上がっていて、入れたいって曲も2曲すでにあるわ。デビュー作『Yours Truly』とはちょっと違うサウンドにしてみたい。続編みたいなサウンドにはしたくないの。もっと色々探求してみたいの。ワクワクするアイディアも色々とあるし、いろんな曲が進行中よ」と、2月リリース説を否定することなく、すでに制作中であると明かしている。実際にわずか半年で新作をリリースするかは怪しいところだが、すでに次回作の発売プランを具体的に練り始めているのは確かなようだ。

また、インタビューの中では、大半を手がけたハーモニー・サミュエルズ(Harmony aka H-Money)が、ヒット・シングル“The Way”でビッグ・パン(Big Pun)の“Still Not A Player”、また“Right There”でリル・キム(Lil Kim)の“Crush On You”をサンプリングするなど90年代ヒットを多分に意識していることについて、「もちろん曲は知ってるわ! 確かに私は93年生まれだからちょっと私の時代とは違うけど、私も好きなの。私にとって何でもない曲だったなら、彼にサンプリングさせたりしないわ」とコメント。マライア・キャリーと比較されることについても、「光栄だわ。“The Way”を聴けば、明らかに影響を受けていると分かると思うし。彼女は世界最高のシンガーなのよ。文字通りにね。ギネスにも載ってるんだから。でも比較されることは気に病んではいない。私のアルバムを最後まで聞いてもらえば、私のことをちゃんと分かってもらえると思うし」と語っている。

なお、デビュー作『Yours Truly』のプロモーションを精力的に行っているアリアナだが、公式ホームページで『Yours Truly』をダウンロード購入したファンへの「ホリデイ・パーティ」イベント招待企画や、TV出演などハードなスケジュールで動いていたためか、のどから出血し、ドクターストップがかかったとか。アリアナは11日、Twitterで「のどを休めて映画を観てるわ」「パーティで叫びすぎていたのは本当に無責任なことだった。でもいまは前よりよくなっているわ。心配してくれたみんな、ありがとう」と綴っている。

“Baby I”

“Right There” (live in L.A.) ft. Big Sean