bmr

bmr>NEWS>ヒップホップ・ソウルが復活? サラーム・レミがバックアップするマック・ワイルズのデビュー作にレイクウォン、プレミア、ピート・ロックらが参加

NEWS

ヒップホップ・ソウルが復活? サラーム・レミがバックアップするマック・ワイルズのデビュー作にレイクウォン、プレミア、ピート・ロックらが参加

Mack Wilds - New York: A Love Story

米TVドラマ『新ビバリーヒルズ青春白書 90210』のメインキャストであるディクソン役や、映画『リリィ、はちみつ色の秘密』(原題“The Secret Life of Bees”)などへの出演で知られる若手俳優のトリスタン・ワイルズが、マック・ワイルズ(Mack Wilds)と名乗ってR&Bシンガーとしてデビュー。ナズ(Nas)、フージーズ(The Fugees)、故エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)などのヒット曲の数々を手がけたことで知られ、今年のグラミー賞でもプロデューサー部門でノミネートされた辣腕プロデューサー、サラーム・レミ(SalaAM ReMi)の新レーベルから、デビュー作を9月にリリースする。

ニューヨーク出身のトリスタン・ワイルズは、俳優としてアリシア・キーズの“Teenage Love Affair”や、ジェイ・Zの“Roc Boys”などのミュージック・ビデオに出演する一方で、2011年頃からR&Bシンガーとしての活動も始めており、同年11月に無料EP『Remember Remember』を発表。その後、マック・ワイルズという名義に改め、サラーム・レミがSony Music内に新設したLouder Than Life GroupのRemiFa Musicと契約。RemiFa Music/Louder Than Lifeの第一弾アーティストとして9月17日にデビュー・アルバム『New York: A Love Story』をリリースする。

24歳のワイルズは、90年代のヒップホップを聴いて育ち、ヒップホップに強く影響を受けたというだけあって、ゲストにはウータン・クラン(Wu-tang Clan)のレイクウォン(Raekwon)、メソッド・マン(Method Man)、ダグ・E・フレッシュ(Doug E Fresh)らが参加。プロデューサー陣も、DJプレミア(DJ Premier)、ピート・ロック(Pete Rock)、モブ・ディープのハヴォック(Havoc of Mobb Deep)と、アルバム全体がヒップホップ色の強い内容になる模様。サラーム・レミの制作によるリード・シングル“Own It”や、モブ・ディープの“Burn”をリメイクした“Henny”など、往年のヒップホップ・ソウル的なプロダクションを復活させたようなサウンドが期待できそうだ。

1. Land Of The Wild Things feat. Method Man
2. My Crib
3. Henny
4. Own It
5. MaGic!!!
6. Keepin’ It Real
7. U Can Cry To Me feat. Raekwon & Doug E Fresh
8. NY Love Story
9. Don’t Turn Me Down
10. Sober Up
11. Duck Sauce
12. Remember The Time
13. The Art Of Fallin’

“Own It”

“Henny” (co-prod. by Havoc of Mobb Deep)