bmr

bmr>NEWS>スティーヴ・アーリントンとデイム・ファンクの強力コラボ作がついにリリース

NEWS

スティーヴ・アーリントンとデイム・ファンクの強力コラボ作がついにリリース

Steve Arrington & Dam-Funk - Higher

“Slide”、“Just A Touch Of Love”、“Watching You”などのヒットを生んだスレイヴ(Slave)のメンバーとしても知られるベテラン・ファンク・シンガー、スティーヴ・アーリントン(Steve Arrington)が、以前から制作が伝えられていた「西海岸のブギー大使」ことデイム・ファンク(Dam-Funk)とのコラボレーション・アルバム『Higher』をついにリリースした。

自身のサウンドを80年代のエレクトリック・ファンクなどから影響を受けた「ブギー・ファンク」と形容し、当時のファンクへの敬愛がたっぷり込められた2009年のアルバム『Toeachizown』で一躍脚光を浴びたデイム・ファンク。スレイヴのファンでもあるデイム・ファンクは、所属するStones Throw Recordsの頭領、ピーナッツ・バター・ウルフ(Peanut Butter Wolf)が所有していたという、スレイヴのレアなライブ・パフォーマンス映像を記録したブートレグDVDを観たことでインスパイアされ、スティーヴ・アーリントンに熱烈なアプローチを送ったという。西海岸のブギー大使と大御所ファンカーによるコラボ話は2010年頃から出ており、2011年にはシングル“Goin’ Hard”も発表されていたが、ついにアルバムとして結実。そのコラボ・アルバム『Higher』が8月7日にリリースされた。デイム・ファンク自ら「レトロなファンクではなく、プログレッシヴなファンク」と語るとおり、抜群の相性を見せた傑作に仕上がっている。なお、『Higher』は8月7日にデジタル・リリースとなったが、Stones ThrowによるとCDやLPレコードなどのフィジカルは「2013年秋」とのことで、そちらはやや発売が遅れているようだが、日本盤はすでに発売されている。

1. I Be Goin’ Hard
2. Tap That
3. Magnificent
4. Good Feeling
5. I Be Trippin’
6. I Love This Music
7. Higher
8. Do You Feel Me
9. The Way I Feel About You
10. Blow Your Mind
11. Hear Me Knockin’
12. Galactic Funtionals
13. For The Homies (Peanut Butter Wolf Edit)
14. Crazy In Here! (bonus)

“Good Feeling”

“Goin’ Hard”

“Blow Your Mind”