bmr

bmr>NEWS>イギリスのリアリティ番組で「パワー・オブ・ア・ウーマン」のエターナルが復活?

NEWS

イギリスのリアリティ番組で「パワー・オブ・ア・ウーマン」のエターナルが復活?

Eternal

1995年に大ヒットを記録し、ここ日本では今もたびたびCMなどに使われるなど人気の“Power Of A Woman”で知られるイギリスの女性R&Bグループ、エターナル(Eternal)が、TV番組の企画で再結成するとの話が持ち上がっている。

これは、イギリスで今年スタートした新番組『The Big Reunion』に関連するもの。今は解散してしまっていたり活動を停止している懐かしのグループを再結成させ、その模様を追いかけるというリアリティ番組で、2013年の第1シーズンではハニーズ(Honeyz)、リバティ・X(Liberty X)、ブルー(Blue)、アトミック・キトゥン(Atomic Kitten)など90年代から2000年代初頭に人気を博したグループが参加し、放送したITV2ではここ5年で最高の視聴率を獲得するなど大きな反響を呼んでいる。好評を受けて来年には第2シーズンが予定されているとのことで、早くもどのグループが登場するかが注目を集めており、オール・セインツ(All Saints)、ビッグ・ブラヴァズ(Big Brovaz)などの名前が挙がっているが、エターナルもその候補として浮上している。

但し、オリジナル・メンバーでの再結成は難しいようだ。1995年に脱退した初期メンバーのルイーズ(Louise)は、Mail Onlineのインタビューで「エターナルの再結成話は持ちかけられた」と報道を認めるも、「私は他のメンバーとは一切喋ってないわ。私には4人が揃って再結成なんて想像つかない。また一緒にやるなんて無理よ。『再結成だ、大ごとだ』とかっていうのじゃなく、自然にスタジオに集まって音楽をやれるなら素晴らしいとは思うわ。でもTV番組の企画のためにやるなんてありえない」と、完全否定。但し、「私抜きで再結成したいと彼女たちが言っても、私は怒ったりしないわ」ともコメントしている。

エターナルは、アメリカでのアン・ヴォーグ(En Vogue)の成功を参考に、女性4人組のR&Bグループとして1992年に結成された英グループ。グレン・ジョーンズ(Glenn Jones)のカバーとなる“Stay”でデビューを飾り、いきなりヒットを記録。デビュー・アルバム『Always & Forever』も大ヒットした。1995年にはルイーズが抜けて3人組となるも、2ndアルバム『Power Of A Woman』もヒット。特に、エモーションズの“Best Of My Love”などを彷彿とさせる“Power Of A Woman”は日本で大人気を博した。1997年には3rdアルバムに加えて、ベスト・アルバムも発売。ベストに収録されたヒット・シングル“Angel Of Mine”は、翌年モニカ(Monica)がカバーし全米チャート1位となったことでも知られる。その後、病気で一時抜けたケリー(Kelle)がそのままソロを目指し脱退。1999年に残るヴァーニー(Vernie Bennett)とエスター(Easther Bennett)の姉妹デュオとして『Eternal』をリリースするも振るわず、活動は途絶えてしまった。2006年には一度再結成の話も持ち上がったものの実現せずに終わったが、2011年にはヴァーニーがエターナルの再結成を検討していることを明かしており、人気番組の力を借りて復活する可能性も少なくなさそうだ。

“Power Of A Woman”

“Stay”

“Angel Of Mine”