bmr

bmr>NEWS>メアリー・J.ブライジが10月に初のクリスマス・アルバムをリリース

NEWS

メアリー・J.ブライジが10月に初のクリスマス・アルバムをリリース

Mary J. Blige - A Mary Christmas

映画『ロック・オブ・エイジズ』でトム・クルーズと共演、TV映画『Parallel Lives』ではメイン・キャストとしてマルコム・Xの妻を演じたほか、11月には出演したミュージカル映画『Black Nativity』も公開予定と精力的に女優業も開拓しているベテランR&Bシンガーのメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)だが、10月に初のクリスマス・アルバムをリリース予定であることが発表された。

2011年11月にリリースした『My Life II…The Journey Continues (Act 1)』以来、およそ2年ぶりとなるメアリー・J.ブライジの新作は、自身初となるクリスマス・アルバムとなる。メリー・クリスマスにかけて『A Mary Christmas』と題されたこの新作は、彼女の自主レーベルであるMatriarch RecordsとVerve Records/Interscope Recordsが提携する形でリリースされ、2011年末にVerveのトップとなった大御所プロデューサー、デイヴィッド・フォスター(David Foster)と共に制作したという。デイヴィッド・フォスターは、世界で1200万枚を売り上げたセリーヌ・ディオン『These Are Special Times』(1998年)をプロデュース、近年もアメリカだけで300万枚以上の大ヒットとなったマイケル・ブーブレ『Christmas』(2011年)などクリスマス・アルバムでも辣腕を振るっているだけに、期待が高まるところだ。なお、メアリーとデイヴィッド・フォスターは2010年の第52回グラミー賞の舞台で、テノール歌手のアンドレア・ボチェッリと共に、ハイチ大地震の被災者への追悼パフォーマンスとしてサイモン&ガーファンクル“Bridge Over Troubled Water”のカバーを披露したことがあり、米iTunesなどで配信リリースもされた。

メアリーと「ずっと一緒に仕事をしたかった」と共演を熱望し、今年6月にロンドンで開催されたチャリティ・コンサートの舞台でその夢を実現させたジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)は、以前に「私たちはコラボも検討しているの。彼女のクリスマス・アルバムで一緒にやる予定よ」と語っており、ジェニファー・ロペスとのデュエットも披露されるようだ。他にも、ジェニファー・ロペスの元夫である大物ラテン歌手のマーク・アンソニー(Marc Anthony)や、バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)が参加する予定のほか、ジャジーなアレンジの「星に願いを」(“When You Wish Upon A Star”)が収録されるとか。

またメアリーはこのクリスマス盤のリリースに加え、キリスト降誕(Nativity)のストーリーをゴスペルやソウル・ミュージック、モータウン・ポップスなどと共に描くオフ・ブロードウェイ・ミュージカルの映画化となる『Black Nativity』に出演。ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)、タイリース(Tyrese)、ナズ(Nas)、ジェイコブ・ラティモア(Jacob Latimore)、ルーク・ジェイムズ(Luke James)、ロティミ(Rotimi)などアーティストも多く出演することで話題のこの映画の公開がアメリカで11月27日に予定されているほか、2014年のリリースを目指して最新作『My Life II…The Journey Continues (Act 1)』の続編の制作にも取りかかっているとされている。

Andrea Bocelli, Mary J. Blige & David Foster – Bridge Over Troubled Water (live at Grammy 2010)

Jennifer Lopez & Mary J. Blige – Come Together (live at Chime for Change, 2013)

映画『Black Nativity』予告編映像