bmr

bmr>NEWS>ビヨンセ、新作が遅れている理由は「一から作り直し」か

NEWS

ビヨンセ、新作が遅れている理由は「一から作り直し」か

Beyonce - Bow Down teaser

昨年の夏から制作に取り組んでいることが明らかになっているも、一向に発売時期なども明らかにならないビヨンセ(Beyonce)のニュー・アルバムだが、どうやら一から作り直しをしているために時間がかかっているようだ。

ビヨンセは、今年2月に行われたNFLスーパーボウルのハーフタイム・ショウのスポンサーであるペプシと5000万ドル(およそ40億円)にも及ぶとされる複数年契約を結び、ペプシのCMでティンバランド(Timbaland)制作による新曲“Grown Woman”を披露しているほか、3月にはヒット・ボーイ(Hit-Boy)のプロデュースによる“Bow Down”と、ティンバランド、ポロウ・ダ・ドン(Polow Da Don)、プラネット・シックス(Planet VI)ら制作の“I Been On”を発表。他にも声優として出演しているアニメ映画『EPIC』に“Rise Up”、日本でも放送されているH&Mのコマーシャルに“Standing On The Sun”と新曲を発表しているものの、新作のアナウンスはいまだなく、新作からの公式シングルのリリースもない状態が続いたまま。4月からスタートした世界ツアー〈The Mrs. Carter Show〉もいよいよ本国アメリカでの公演が今月末から始まり、後半戦に差し掛かっている。

当初は新曲が披露されると思われたスーパーボウルのハーフタイム・ショウでのお披露目はなく、企業や映画とのタイアップなどで新曲を断続的に発表する状態が続いているが、これだけ新作リリースまでに時間がかかっているのは、50曲ほどあったとされる候補曲からアルバムを作るのを一旦白紙に戻し、一から作り直しているからだという。これは米Hollywood Reporter紙が関係者筋からの情報として報じているもので、当初はビヨンセの新作は今春のリリースを予定しており、世界ツアーはそれに合わせて行われる予定だったものの、この作り直しにより新作を延期状態にしたままツアーに臨むことになったとか。所属レーベルのColumbia Recordsはこれにより第4四半期のリリースを目指しているとのことだが、レディー・ガガ(Lady Gaga)やケイティ・ペリー(Katy Perry)といった強豪の新作が年末に控えているほか、世界ツアーも12月下旬まで行われるため、それも厳しそうだとしている。

この新作については、参加しているニーヨ(Ne-Yo)が6月の時点で「ビヨンセのアルバムのためにまだ色々作っている」「彼らは、アルバムをどういう風にしたいかをまだ見極めている最中。だから俺は怒ってないよ。ビヨンセは、正しいタイミングになるまで発表しないタイプだ。ファンは忍耐強く待つことになるだろうね」と、いまだ制作途上であり、方向性にも悩んでいる様子であることを明かしていた。ビヨンセの代理人は、「以前からアルバムの発売日は決まっていない」とHollywood Reporter紙に述べているが、しかし先日行われた地元ヒューストン公演では初めて“Bow Down”をライブで披露、公式サイトでも“Bow Down”のミュージック・ビデオと思われる短い予告編映像が公開されており、近いうちの公式発表が期待されるところだ。

“Diva” / “Bow Down” (live)

“Bow Down” sneak peak

“Bow Down” / “I Been On”