bmr

bmr>NEWS>Heartbeat、6ヵ月連続リリース最後はDJ Hasebeとスティーヴィー名曲に

NEWS

Heartbeat、6ヵ月連続リリース最後はDJ Hasebeとスティーヴィー名曲に

Heartbeat & DJ Hasebe - Don't You Worry 'Bout A Thing

今年1月から、人気DJと組んで90年代の洋楽カバーに絞った6ヵ月連続配信リリースを続けている女性シンガーのHeartbeat(ハービー)が、いよいよ最後のカバーを発表。DJ Hasebeと再タッグを組んで、インコグニート(Incognito)のカバー・バージョンが90年代に人気を博したスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の名曲“Don’t You Worry ‘Bout A Thing”に挑戦した。

Heartbeatは、TV番組『ASAYAN』の「超歌姫オーディション」にて1万6千人の中、見事グランプリに輝き、デビューした勝又亜依子の現在の名義で、ここ最近彼女は「90′s R&B Hot Memories 〜with Legend DJ’s〜」と題して、プロデューサー/DJたちと毎回コラボレーションする形で「90年代」にこだわったリリースを続けている。今年1月からはこれと連動する形で6ヵ月連続配信リリースをスタートさせており、1月はDJ CELORYとSWVの代表曲“Right Here”を、2月はDJ MASTERKEYとTLCの名曲“Creep”を、そして3月はDJ MAYUMIとルトリシア・マクニール(Lutricia Mcneal)の“Ain’t That Just The Way”を、4月はDJ DECKSTREAMとデズリー(Des’ree)最大のヒット曲“Life”を、5月は女性DJとしては世界­一の売り上げを誇るDJ KAORIを迎えてブラン・ニュー・ヘヴィーズ(The Brand New Heavies)の代表曲“You Are The Universe”を、日本語でカバーしてきた。

そしてついにこの6月で、連続配信リリースも最終章を迎える。その最終作のコラボ相手に選ばれたのは、2011年に発表されたこのカバー・シリーズの原点、90年代R&B屈指の名曲でもあるモニカ(Monica)のヒット曲のリメイクとなる「もう一度 〜Before you walk out of my life〜」で組んだDJ Hasebe。初心に帰ってふたりが取り組んだのは、スティーヴィー・ワンダーの歴史的名作、1973年発表の『Innervisions』に収録されている名曲“Don’t You Worry ‘Bout A Thing”。今回は、「90年代」にこだわったカバーということで、欧州を中心にヒットし、日本でも人気を博した、1992年に発表されたインコグニートによるカバー・バージョンを参照。DJ Hasebeはこの挑戦について、「原曲は天才スティーヴィーってこともあるのでかなりハードルが高く、2曲ぶん脳みそが衰弱したんじゃないかな……」と振り返りながらも、「それでもそのハードルを越え、納得のいく仕上がりになった」とコメントしている。

このHeartbeatとDJ Hasebeのコラボ・シングル「Don’t you worry ‘Bout a thing 〜一人じゃないから〜」は6月26日からiTunes配信リリースがスタート。なお、Heartbeatにとっては今年1月からスタートさせた6ヵ月連続リリースの最終作になるが、DJ Hasebeも5月29日からクリスティニア・デバージ(Kristinia DeBarge)の“Higher (DJ Hasebe Remix)”、6月5日にチャーリー(Charlie)の“Not Over You (DJ Hasebe Remix)”、12日にDJミックス作品『Smoothie』を配信、19日にはそのCD盤と連続でリリースをしており、Heartbeatとのこのシングルで5週連続となっている。