bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Z、新作は「発売前からミリオン・ヒット」もチャートには反映されず

NEWS

ジェイ・Z、新作は「発売前からミリオン・ヒット」もチャートには反映されず

Jay-Z Billboard 2013

先日、韓国の電子製品メーカー Samsungとのパートナーシップで新作『Magna Carta Holy Grail』のリリースをサプライズ発表した大御所ラッパーのジェイ・Z(Jay-Z)。Samsungのスマートフォン・ブランド Galaxyのユーザーには先着100万人に“無料配布”されるという手法は世間を驚かせたが、各チャートや協会は「発売前からミリオン達成」を認めない方針のようだ。

ジェイ・Zは、NBAファイナルの放送時間中に流れたSamsungのCMでニュー・アルバム『Magna Carta Holy Grail』を7月7日にリリースすることを発表。さらに、発売3日前の7月4日には、SamsungのGalaxy S III、Galaxy S IV、Galaxy Note IIのユーザーのうち先着100万人に無料でこの新作が聴けるアプリが配布されるという。このアプリは、Samsung App Storeから配布され、対象機種以外のAndroid機では動かない仕様になるとされている。Samsungがこの新作『Magna Carta Holy Grail』を1作につき5ドルで「買取」って、無料で配布するという構造になっているとウォールストリートジャーナル紙は報じており、ジェイ・ZはTwitterで「100万枚がすでに売れているというのにBillboardがそれをレポートしない、ということはこれまであっただろうか? #新しいルール」と挑戦的なツイートをしているが、「発売前からミリオン達成」という認定が下るのは難しいようだ。

NME紙によると、イギリスのチャートを扱うOfficial Charts Companyに取材したところ、広報からは「消費者が無料で手にした音楽は、それがフィジカル・リリースであろうがデジタル・ダウンロードであろうが、Official Chartsではカウントされることはありません。正統な購入であれば、通常どおりカウントされますが」と返答があり、チャートには反映されない見通しであると報道。また、全米レコード協会による、ミリオン・セールス突破を意味するプラチナ認定は、その発売から30日以降に適用されるという方針があるため、『Magna Carta Holy Grail』は8月以降にならないとプラチナ認定される可能性はないとみなされている。全米チャートのBillboard誌がどのような対応をするかはまだ不明だが、通常では無料作品はカウントされない。集計を担当するニールセンのアナリストも、ポイントになるのは消費者がお金を支払っているかどうかであるため、Billboardがカウントする見込みはないだろうと指摘している。なおBillboard誌は、まもなく発売される最新号で「これは音楽ビジネスにとってどういう意味をもたらすのか」というカバーストーリーと共にジェイ・Zを表紙にしている。