bmr

bmr>NEWS>18歳のラッパー、リル・スヌープが銃殺される

NEWS

18歳のラッパー、リル・スヌープが銃殺される

Meek Mill & Lil Snupe

リック・ロス(Rick Ross)率いるMaybach Music Groupの看板ラッパーとして活躍しているミーク・ミル(Meek Mill)。彼のレーベル Dream Chasersに所属し、まさに「これから」だった18歳の若きラッパー、リル・スヌープ(Lil Snupe)が20日早朝、何者かによって銃撃され、帰らぬ人となった。

リル・スヌープは、ルイジアナ州ウィンフィールで、米時間の20日朝4時頃に何者かによって2発の銃弾を受けて致命傷を負い、救急隊員が蘇生措置を試みたものの、意識が戻ることはなかったという。彼が亡くなったニュースは、彼のマネージャーによるツイートで発覚し、その後正式に発表された。当初は無差別的な犯行に巻き込まれたと報じられていたが、警察発表によればリル・スヌープの知っている人物が容疑者であるとのこと。容疑者の名前は明かされていない。突然の悲報に、R&Bシンガーのマリオ(Mario)や、ラッパーのマシンガン・ケリー(Machine Gun Kelly)やトリーナ(Trina)、またDJキャレド(DJ Khaled)やマック・メイン(Mack Maine)など多くのアーティスト、業界関係者からその死を悼む声があがっている。彼を発掘したミーク・ミルは、彼との写真を公開しながら「ストリートがリル・スヌープを殺した……俺はずっと、あいつにストリートの奴らとは真面目に付き合うなって言い続けてきたのに。なぜならストリートの奴らはそういう奴らじゃないから」「大学に行くものもいれば、刑務所に行くものもいる……そして天国に、地獄に行ってしまうものも……」とツイートしている。

リル・スヌープは昨年、17歳のときにルイジアナ州にツアーで訪れたミーク・ミルと出会い、デモ音源を渡したことからミーク・ミルのレーベルと契約。今年4月にはミーク・ミルのバックアップを受けてミックステープ『R.N.I.C.』を発表していた。ミーク・ミルはリル・スヌープについて、「彼はあまりにたくさんの痛みをラップで語っている。南部のヤツだけど、東海岸のヤツみたいなフロウをもってる」「あいつの言っていることは本当に共感できる。あいつの中にある可能性を俺はわかっている」と評していた。

“Melo”


>> ミックステープ『R.N.I.C.』