bmr

bmr>NEWS>リタ・オラがマドンナのファッション・ブランドの広告塔に就任

NEWS

リタ・オラがマドンナのファッション・ブランドの広告塔に就任

Rita Ora & Madonna | Material Girl

マドンナ(Madonna)と娘のローデスが、アメリカの有名百貨店Macy’s(メイシーズ)とのコラボレーションで展開しているファッション・ブランド「Material Girl」の新たな広告塔に、22歳の新進女性ポップ・シンガー、リタ・オラ(Rita Ora)が選ばれたことが発表された。

リタ・オラは、ジェイ・Z(Jay-Z)“Young Forever”などのビデオにカメオ出演している姿が目に留まり、2009年、19歳にしてジェイ・ZのRoc Nationと契約を果たした英ロンドン出身の美人ポップ・シンガー。DJフレッシュ(DJ Fresh)との“Hot Right Now”、ドレイク(Drake)が関わった“R.I.P.”、ロンドン五輪閉会式でパフォーマンスした“How We Do (Party)”と連続で全英シングル・チャート1位を手にし、昨年リリースのデビュー・アルバム『ORA』も見事イギリスのアルバム・チャートで初登場1位に輝いた、勢いのある新人だ。昨年には、女優のジェシカ・アルバや歌手のラナ・デル・レイらも契約しているモデル事務所のNext Model Managementと契約するなどその美貌でモデルとしての活動も注目されているリタは、先月頃から、マドンナとローデスのファッション・ブランド「Material Girl」と、76万ドル(およそ7200万円)で契約したとの噂が巻き起こっていたが、6月12日にリタ・オラが「Material Girl」の新たな広告塔に就任することが正式に発表された。

リタ・オラは、ミック・ジャガーの娘として知られる前任のジョージア・メイ・ジャガーに代わって同ブランドの新たな顔となり、7月にもその新ビジュアルが公開される予定とのこと。「リタは才能ある美しい女性ですが、我々がもっとも惹きつけられたのは、彼女の音楽とそのユニークなスタイリングのセンスからにじみでる、彼女の自信でした。ステージの上でも、ステージを離れていても、写真でも、あるいは道端でも、彼女は磁石のように惹きつける魅力を持っています。それこそが、Material Girlが求めているものなのです!」と、リタ・オラを選んだ理由が語られている。リタ・オラとマドンナは、6月1日にロンドンで開催されたコンサート〈Sound For Change〉で初めて顔を合わせたとのことだが、ファッションに留まらないさらなるコラボの可能性にも注目が集まりそうだ。

なおリタ・オラは、ソランジュ(Solange)の最新EPなどを手がけたデヴ・ハインズ(Dev Hynes)らと新作を制作中。また日本では7月6日から公開される、人気映画シリーズの最新作『ワイルド・スピード EURO MISSION』にも出演している。