bmr

bmr>NEWS>新生スラム・ヴィレッジが、ジャジー・ジェフ、ブルー、ハヴォックら参加の新作をまもなく

NEWS

新生スラム・ヴィレッジが、ジャジー・ジェフ、ブルー、ハヴォックら参加の新作をまもなく

Slum Village - Evolution

90年代後半から様々なアーティストの傑作を手がけてヒップホップ史に残る功績を残した伝説的プロデューサー、故J・ディラ(J Dilla)が所属していたことでも知られる人気ヒップホップ・グループ、スラム・ヴィレッジ(Slum Village)が、新作『Evolution』をまもなくリリースする。

スラム・ヴィレッジは90年代初頭に高校の同級生であるバーティン(Battin)、T3、J・ディラによって結成されたヒップホップ・グループ。地元デトロイトのアンダーグラウンド・シーンを牽引するだけでなく、ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のオープニング・アクトを務めるなど、デトロイトに留まらず全国区で活躍した。2001年にJ・ディラがソロ活動のために離脱し2004年には『Detroit Deli』リリース前にバーティンも病気のために一時グループを離れ、途中加入したエルザイ(Elzhi)とT3の2人組として活動。しかし2006年にはソロ転身後もグループを支え続けたディラが急逝し、復帰を果たしたバーティンも2009年に他界。エルザイはソロ活動のため脱退するなど、多難な道を歩んできた。

しかし、残されたオリジナル・メンバー、T3を中心として昨年ミックステープ『Dirty Slums』をリリースしたスラム・ヴィレッジは、ディラ、バーティンの追悼作でもあった前作『Villa Manifesto』にも参加していたプロデューサーのヤング・RJ(Young RJ)、そしてディラの実弟であるラッパーのイラ・J(Illa J)を新たにメンバーに迎える形で再結成。今年、ミックステープ『Dirty Slums 2』を発表したほか、4月から6月にかけてこの3人でツアーを行うなど精力的に活動を再開させている。そしていよいよ彼らが新作をリリース。新生スラム・ヴィレッジとしての「進化」を謳った『Evolution』と題されたこの新作には、DJジャジー・ジェフ(DJ Jazzy Jeff)、ラッパー・ビッグ・プー(Rapper Big Pooh)、ハヴォック(Havoc of Mobb Deep)、ブルー(Blu)らがゲスト参加。リード・シングルとして“Forever”が発表されているほか、フォーカス(Forcus….)がプロデュースを手がけた“Summer Breeze”や、アルバムのダイジェスト音源などがすでに公開されている。

この新作『Evolution』は、6月25にデジタル・リリースされるほか、7月2日にCDでもリリースされる予定。10日には日本語解説付きの国内仕様盤がリリースされる。

1. Braveheart f/ Havoc (produced by Young RJ)
2. Rock Rock f/ DJ Jazzy Jeff & Rapper Big Pooh (produced by Young RJ)
3. Let It Go f/ Blu (produced by Young RJ)
4. Forever (produced by Young RJ & T3)
5. Scared Money f/ Early Mac (produced by Young RJ & Early Mac)
6. Summer Breeze (produced by Focus)
7. The Line f/ Focus (produced by Young RJ)
8. Hustle f/ Vice & J Ivy (produced by Young RJ)
9. Bout That f/ Focus (produced by Young RJ)
10. 1 Nite f/ Vice (produced by Focus)
11. Greatness f/ Joetka (produced by Young RJ)
12. Riot f/ Rapper Big Pooh & Joe Scudda (produced by Young RJ)

“Forever”

“Summer Breeze”

アルバム・ダイジェスト音源