bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Zのロック・ネイションと契約したカイリー・ミノーグが誕生日に新曲を発表

NEWS

ジェイ・Zのロック・ネイションと契約したカイリー・ミノーグが誕生日に新曲を発表

Kylie Minogue Roc Nation

今年2月にジェイ・Z(Jay-Z)率いるRoc Nationと契約し世間を驚かせたオーストラリア出身の歌姫、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)が、5月28日の45歳の誕生日を記念して新曲“Skirt”をサプライズ発表した。

これまで世界で6800万枚以上を売り上げた世界的な歌姫であるカイリー・ミノーグ。昨年はデビュー25周年の記念イヤーということもあって「K25」と称してベスト盤の発売やライブなど精力的に活動してきたカイリーは、今年1月に彼女をデビュー当初から支えてきた長年のマネージャーとの契約が終わったことを発表、その翌月にはRoc Nationとマネジメント契約を締結したことをアナウンスした。

その時点で、新体制下での新曲を「まもなく」発表するとしていたが、その新曲がついに発表された。自身の45歳の誕生日となる5月28日、事前予告なくカイリーは新曲“Skirt”をサプライズ発表。ビヨンセやリアーナらのヒット曲を手がけるザ・ドリーム(The-Dream)がソングライティングを担当、LAのプロデューサー、Nom De Stripが手がけたこの新曲は、ダブステップ的な展開も見せるEDM系のダンス・トラックに仕上がっている。カイリー・ミノーグは最近のインタビューで、新作について「これまでの私とは少し違う」と語っており、ファレル(Pharrell)やロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)、イライジャ・ブレイク(Elijah Blake)らと制作を進めていることが明らかになっているほか、ジェイ・Z、シーア(Sia)らの参加も噂されている。

なおRoc Nationのマネジメント部門はカイリー・ミノーグの他にも、リアーナ、シャキーラ、スターゲイト、ソランジュ、M.I.A.などのアーティストを抱えている。