bmr

bmr>NEWS>上野樹里の姉、DJ SAORIが発掘したR&Bシンガーがデビュー

NEWS

上野樹里の姉、DJ SAORIが発掘したR&Bシンガーがデビュー

DJ SAORI, DeVon Carlo

元・陸上自衛隊という異色のキャリアや、女優の上野樹里の姉としても知られ、ageHaでのマンスリー・イベントなど数々のレギュラー・イベントを持つDJ SAORI。彼女が発掘したというシカゴの新進R&Bシンガー、デヴォン・カルロ(DeVon Carlo)のデビューが決定し、5月22日にファースト・シングル“Love”をリリースした。

デヴォン・カルロは、イリノイ州出身の新進R&Bシンガー。幼少より教会で歌、ピアノ、ドラムを学び、高校卒業後はゴスペル系のラジオ局でプロデューサー/エンジニアとして勤務、その後は自身のプロダクション会社を立ち上げ、映画の監督を務めるなど多岐に渡って活動している。一方でその音楽の才能も注目されており、2012年にはインディ・レーベルのFortune Forever Recordsと契約し、EP『Love』をリリース。そのリード曲となる“Love”は、シカゴの偉大なシンガー/プロデューサーのR.ケリー(R. Kelly)からの影響を感じさせるスムーズなR&B曲で、シカゴの人気DJ、ホット・ボーイ・スミス(Hot Boy Smith)にも気に入られ、20万ダウンロードを記録したという彼のミックステープのリード・トラックともなった。

そして、DJホット・ボーイ・スミス以外にこの“Love”に注目をしていたのが日本のDJ SAORIだった。“Love”を気に入ったDJ SAORIの働きかけで、デヴォン・カルロの日本デビューが決定。今夏発売予定というデビュー・アルバム『Love 101』から、その注目の曲“Love”がリード・シングルとして5月22日に配信リリースがスタートとなった。R.ケリーを彷彿とさせるオリジナルは元より、日本デビューにあたってはDJ SAORIもバックアップ、フロア向けのハウス仕様に変貌したDJ SAORIリミックスも追加されている。