bmr

bmr>NEWS>巨匠クインシー・ジョーンズ、32年ぶりの来日公演が決定!

NEWS

巨匠クインシー・ジョーンズ、32年ぶりの来日公演が決定!

Quincy Jones

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)と数々の名作を生んだことでも知られる音楽界の巨匠クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)が、1981年以来となる来日公演を7月末から8月頭にかけて行うことが発表された。

〈Quincy Jones The 80th Celebration Live in JAPAN〉と題されたこの32年ぶりの来日公演は、今年の3月14日に80歳の誕生日を迎えたクインシー・ジョーンズのお祝いを兼ねた企画。4月に米ラスベガスで開催された祝賀公演では、チャカ・カーン、スティーヴィ・ワンダー、カルロス・サンタナ、ジェニファー・ハドソン、スヌープ・ライオン、ジョーダン・スパークスといった面々がパフォーマンスでこれを祝っていた。

日本では、7月28日(日)に青山Blue Note TOKYO、7月31日(水)と8月1日(木)に東京国際フォーラムのホールAにて開催される予定で、2回公演となるBlue Note公演ではパティ・オースティン(Patti Austin)がクインシー肝いりの若手ピアニスト、アルフレッド・ロドリゲス(Alfredo Rodriguez)率いるトリオと共演。またモントリオール出身の新星ジャズ・シンガー、ニッキー・ヤノフスキー(Nikki Yanofsky)のパフォーマンスも予定されているようだ。国際フォーラム公演では、パティ・オースティンやアルフレッド・ロドリゲス・トリオらBlue Note公演の面々に、ジェイムス・イングラム(James Ingram)、サイーダ・ギャレット(Siedah Garrett)、グレッグ・フィリンゲインズ(Greg Phillinganes)、ジョン・ロビンソン(John Robinson)、ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams)、パウリーニョ・ダ・コスタ(Paulinho Da Costa)といった錚々たる面子が登場。クインシーがプロデュースを担当することが今年2月に発表された、日本の壇上夏子を含むアジア5ヶ国の女性シンガーから成るグループ、ブラッシュ(Blush)の名前も。また、この国際フォーラム公演は、亀田誠治がプロデュースを担当する、日本人アーティストによるトリビュート・ライブも行われる予定とのこと。

さらにこの32年ぶりの来日公演を記念して、「愛のコリーダ」「ソウル・ボサ・ノヴァ」などの代表曲を30曲収録した2枚組ベスト『Q80〜グレイテスト・ヒッツ』が7月17日にリリース予定。同日には、クインシーの名曲の数々を新たにアレンジ、若手アーティストも集結して2010年に発表された『Q: Soul Bossa Nostra』も再発される。なおクインシー・ジョーンズは、今年7月27日から8月6日に広島市で開催される音楽イベント「ワールド・ピース・コンサート」に参加、ステージの構成や演出、出演者の選定にもかかわることも昨年発表されている。

>> クインシー・ジョーンズ来日公演特設サイト