bmr

bmr>NEWS>ジョー、「クラシックなR&Bへの回帰」を謳う新作を7月に

NEWS

ジョー、「クラシックなR&Bへの回帰」を謳う新作を7月に

Joe - DoubleBack: Evolution Of R&B

I Wanna Know”、“Stutter”、“All The Things (Your Man Won’t Do)”などのヒットで知られるベテランR&Bシンガーのジョー(Joe)が、サブタイトルに「R&Bの進化」を謳った新作『DoubleBack: Evolution Of R&B』を7月にリリースする予定であることを発表した。

先日、ジョーらしいスムースな魅力に溢れた新曲“I’d Rather Have A Love”を発表したジョーだが、いよいよ2011年にリリースした『The Good, The Bad, The Sexy』以来となるニュー・アルバム『DoubleBack: Evolution Of R&B』を7月2日にリリースする。Jive Recordsを離れて以降はキダー・マッセンバーグ(Kedar Massenburg)率いるKedar Entertainmentから作品はリリースされていたが、本作はマッセンバーグが新たに設立したMassenburg Mediaから、ソニーのRED Distribution配給でのリリースとなる。VIBEのインタビューでジョーは、「R&Bはかつて、とても品があって、スタイリッシュで、エレガントで、恭しかった。俺はR&Bに品格を取り戻したい」と力説。「振り返る」という意味のタイトルについては、「クラシックなR&Bへの敬意を示した作品だから」「生ホーン、生ストリングス、生ドラムが鳴っていた時代、ソウル・ミュージックがとてもスタイリッシュでエレガントだった頃に回帰したんだ」と説明している。

オリジナル・スタジオ・アルバムとしては10作目となるこの新作『DoubleBack: Evolution Of R&B』は、大半をジョー自らプロデュースし、曲を書いているとのことだが、他にもスターゲイト(StarGate)、デレク“D.O.A.”アレン(Derek “D.O.A.” Allen)といった外部プロデューサーも参加しているという。また、“Love & Sex”という曲ではファンテイジア(Fantasia)とのデュエットを披露するほか、トゥー・ショート(Too $hort)もゲスト参加。アルバムは3バージョンが発売される予定で、全12曲の通常盤に加え、“Walk Away”、“Smoove”という2曲を追加したTarget限定販売バージョン、ファット・ジョー(Fat Joe)が参加する“I’d Rather Have A Love”のリミックス・バージョンを収録したBest Buy限定販売バージョンと、ボーナス・トラックが異なる店舗限定盤が用意されるとのこと。

『DoubleBack: Evolution Of R&B』 tracklisting:
1. Something For You
2. Easy
3. Baby
4. Compromise
5. Magic City
6. I’d Rather Have A Love
7. Love & Sex featuring Fantasia
8. Sexy
9. More
10. Mary Jane
11. 1 to 1 Ratio featuring Too Short
12. DoubleBack

[Target Bonus Tracks]
13. Walk Away
14. Smoove

[Best Buy Bonus Track]
13. I’d Rather Have A Love (Remix featuring Fat Joe)

“I’d Rather Have A Love”