bmr

bmr>NEWS>ファンテイジア新作が全米アルバム・チャート初登場2位に

NEWS

ファンテイジア新作が全米アルバム・チャート初登場2位に

Fantasia - Side Effects Of You

『アメリカン・アイドル』出身でも知られるグラミー受賞R&Bシンガー、ファンテイジア(Fantasia Barrino)が、自身4作目となるスタジオ・アルバム『Side Effects Of You』を4月23日に発売。3年前にリリースした前作『Back To Me』に続いて、全米アルバム・チャートで初登場2位、R&B/Hip-Hop Albumsチャートで初登場1位となった。

H・マニーことハーモニー・サミュエルズ(Harmony aka H-Money)がほぼ全面的にプロデュース、ミッシー・エリオット(Missy Elliott)、ケリー・ローランド(Kelly Rowland)らがゲスト参加したファンテイジアの3年ぶり新作『Side Effects Of You』は、リード・シングル“Lose To Win”がR&B Songsチャートで現在14位とじわじわと上昇している中、およそ9万1000枚のセールスで米Billboardアルバム総合チャート初登場2位となった。前作『Back To Me』と同様の自身最高位となる初登場2位だけによい滑り出しではあるが、初動セールス数はこれまででもっとも低い数字となった。トップを制したのは、人気歌手マイケル・ブーブレ(Michael Buble)の新作『To Be Loved』で、およそ19万5000枚のセールスで他を圧倒して初登場1位に。また、大ヒット中のジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)『The 20/20 Experience』が6週目ながらおよそ7万4000枚のセールスで3位をキープしている。

一方で、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)との“Scream & Shout”がヒットを記録し、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)、2NE1らから、クリス・ブラウン(Chris Brown)、ジューシィ・J(Juicy J)など豪華ゲストを集めたウィル・アイ・アム(will.i.am)のソロ新作『#willpower』は、およそ2万9000枚のセールスで初登場9位に。前作『Songs About Girl』が初週およそ2万1000枚で初登場38位だったのに比べればいい結果だが、豪華ゲストを擁した話題性に反して、結果はふるわなかったようだ。同じく、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)の別名義によるレゲエ・プロジェクトで、ドレイク(Drake)、クリス・ブラウンバスタ・ライムス(Busta Rhymes)、エイコン(Akon)、リタ・オラ(Rita Ora)、マイリー・サイラスらが参加したスヌープ・ライオン(Snoop Lion)『Reincarnated』は、2万枚を切ったとも言われており、初登場16位という結果となっている。いずれも発売日、または発売日前に全曲試聴を公開するなどしていたが、セールスにはつながらなかったようだ。

Fantasia – Lose To Win

Fantasia feat. Kelly Rowland & Missy Elliott – Without Me