bmr

bmr>NEWS>ジャネル・モネイ、新作からのリード・シングルにエリカ・バドゥ参加

NEWS

ジャネル・モネイ、新作からのリード・シングルにエリカ・バドゥ参加

Erykah Badu & Janelle Monae

ゲスト参加したポップ・バンド、ファン(Fun.)の“We Are Young”(邦題「伝説のヤングマン 〜ウィー・アー・ヤング〜」)が大ヒットし、今年のグラミー賞ソング・オブ・ザ・イヤーにも輝いた個性派女性シンガー、ジャネル・モネイ(Janelle Monae)が、待望の新作からのリード・シングルでなんとエリカ・バドゥ(Erykah Badu)と共演していることを明かした。

プリンス(Prince)やスティーヴィ・ワンダー(Stevie Wonder)ら大御所との共演も果たし、絶賛されているジャネル・モネイは、黒と白に統一したタキシード・スタイルと、リーゼント風のマニッシュなファッションでも知られる個性派シンガー。アトランタを拠点とする彼女は、アウトキャスト(Outkast)のビッグ・ボーイ(Big Boi)に目をかけられ、彼らの映画『アイドルワイルド』のサウンドトラックや、ビッグ・ボーイ主宰のPurple Ribbon Recordsのコンピレーション・アルバムに参加。元はミュージカル女優を目指していたというだけあって、自身が「人間に恋をして組織から逃げ出す」アンドロイドという壮大なSF設定のストーリーを展開するなど、演劇的な要素を持ち込んだ独特の世界観も話題を呼び、Bad Boy Recordsと契約して発表したEP『Metropolis: The Chase Suite』がグラミー候補にもなったほか、メジャー・デビュー・アルバム『The ArchAndroid (Suite II & III)』は、英Guardian紙で「2010年ベスト・アルバム」1位に選出されるなど、高く評価を得ている。

『The Electric Lady』と題された彼女の新作は、以前からリリースが噂されていたものの、「私の“ソウル時計”にあわせてリリースするつもりよ。だからリリース時期は私次第」とマイペースな様子を見せていたが、いよいよ本格的にリリースに動きだすようだ。ジャネル・モネイは今月12日、公式サイトで『The Electric Lady』からのリード・シングルとなる“Q.U.E.E.N.”という曲を、米東海岸標準時間で22日の午後7時54分に発表するとアナウンス。そのフィーチャリング・ゲストには、なんとエリカ・バドゥの名前が記されており、どんなサウンドになるか注目されるところだ。なお、先日ジャネルが表紙を飾ったEssence誌では、『The Electric Lady』は今夏リリースとなっている。