bmr

bmr>NEWS>体調が心配されるリル・ウェイン、てんかんと説明 「今回は死ぬ可能性もあった」

NEWS

体調が心配されるリル・ウェイン、てんかんと説明 「今回は死ぬ可能性もあった」

Lil Wayne, T.I., Future - American's Most Wanted tour

昨年に続いて、今年3月中旬にも2度倒れ、一部報道では一時危篤状態だったとも伝えられた人気ラッパーのリル・ウェイン(Lil Wayne)が、てんかん患者であることを明かした。

リル・ウェインは昨年10月にも飛行機の機内で倒れ、病院に緊急搬送。退院後の翌日に再び機内で発作を起こし、病院に搬送されていたが、今年3月12日、ミュージック・ビデオの撮影後に倒れて病院に。このときも翌朝に退院したが、15日にふたたび昏倒し、意識を失っている状態をボディガードが発見し、病院に運びこんだとされている。ゴシップ・サイトのTMZは、ウェインはICUに運び込まれるも意識が戻らず、危篤状態と報じたが、所属レーベル側はこれを否定。また、乱用すると薬物中毒になるためアメリカで規制されている鎮咳剤、コデインが関与しているのではというTMZの報道に抗議、怒りの声も上げたが、詳しい病状についてはこれまで明らかにされてこなかった。

リル・ウェインは18日には退院し、元気な姿も見せ、T.I.、フューチャー(Future)らとのツアーも発表。その彼が先日、ラジオ番組に出演し、退院後初となるインタビューを受けた。この中でウェインは、「悪いニュースは、俺がてんかんを持っているってこと。てんかん発作を起こしやすいんだ。これが初めてじゃない。2度目、3度目、4度目、5度目、6度目、7度目かな」と、てんかん患者であると説明。ストレスがたまり、休みなしのオーバーワークが今回の昏倒の要因だったと語り、現在は体調は快復したとアピールしたものの、「今回はマジでヤバかったんだ。3回連続で発作が起こったために、3度目で俺の心拍数が30%くらいに落ちたらしくて。死ぬ可能性もあったんだ。危険な状態だった」と明かした。また、発作が多いために、常に人を周囲に置き、対応してもらっているという。そのため、実際に病院に行かずに済んだ例もあると語り、報道で伝えられている以上に発作を起こしているようだ。

なお、3月26日に無事に発売された新作『I Am Not A Human Being II』は出足好調のようで、現時点で発売1週間のセールスが19万枚から21万枚になるのではと推計されている。T.I.フューチャーとの国内ツアー「America’s Most Wanted Tour」は7月9日からスタートし、9月まで行われる予定。