bmr

bmr>NEWS>ブルーノ・マーズ、ついに初の全米アルバム・チャート1位獲得

NEWS

ブルーノ・マーズ、ついに初の全米アルバム・チャート1位獲得

Bruno Mars - Unorthodox Jukebox

デビュー作が世界で600万枚以上の大ヒットを記録、2011年のシングル世界売上の1位と2位を独占し、グラミー賞には2年連続で6部門ノミネートを果たした超売れっ子シンガー/プロデューサーでありながら、いままで全米アルバム・チャートでは1位を獲得した経験がなかったブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が、ついに初の1位を手にした。

ブルーノ・マーズは、“Just The Way You Are”、“Grenade”などのヒットを生んだデビュー作『Doo-Wops & Hooligans』が初週8万4000枚で全米チャート初登場で最高の3位。昨年12月にリリースした最新作『Unorthodox Jukebox』は、“Locked Out Of Heaven”が全米チャート6週連続1位を獲得するなどの勢いにも乗って1週間で当初の推計を大きく上回る19万2000枚を売り上げる良いスタートを切ったものの、メガ・ヒット中のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)『Red』が7週目にして20万8000枚を売り上げ、惜しくもアルバム・チャート初登場1位を逃し、初登場2位という結果に終わっていた。

しかし2月26日に米Amazon MP3がデジタル・アルバム20作品をわずか1.99ドル、およそ183円で販売するというキャンペーンを実施。この中のタイトルにブルーノの最新作『Unorthodox Jukebox』も含まれており、発売からまもなく3ヵ月が経とうとするここにきて、『Unorthodox Jukebox』のセールスが急増。この効果でおよそ7万から8万枚のセールスが見込まれているとの推計が出ていたが、2ndシングル“When I Was Your Man”が全米シングル・チャートで今週も3位と好調なこともあってか、最終的に1週間でおよそ9万5000枚(前週比96%アップ)というセールスを記録、2位以下に大差をつけて自身初となる全米アルバム・チャート1位の栄冠を手にした。

また、“Thrift Shop”が全米シングル・チャートで今週も2位を記録しているマックルモア&ライアン・ルイス(Macklemore & Ryan Lewis)の『The Heist』も「1.99ドル・キャンペーン」に含まれており、ブルーノほどの勢いはなかったものの、前週比89%アップの4万2000枚を記録、全米アルバム・チャートで先週の16位から一気に4位まで上昇している。『Unorthodox Jukebox』、『The Heist』共に、「1.99ドル・キャンペーン」終了後も3.99ドル(およそ373円)という割安価格に設定されており、その効果も大きかったものと思われる。なお、2位はトム・ヨーク率いるアトムズ・フォー・ピース(Atoms for Peace)の『Amok』が初登場、3位はグラミーのアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いたマムフォード&サンズ(Mumford & Sons)の『Babel』で先週の1位からダウン。2位から4位まではすべてインディ配給の作品となり、ニールセンが集計を始めた1991年以来、トップ4のうち3作がインディ配給で占められるというのは史上初となるという。

ちなみに全米シングル・チャート1位は、「踊ってみた」ビデオで話題のバウアー(Baauer)“Harlem Shake”が3週連続で獲得している。