bmr

bmr>NEWS>スミフン、dj hondaも参加! 注目の日本人ラッパー KOJOEが新作をリリース

NEWS

スミフン、dj hondaも参加! 注目の日本人ラッパー KOJOEが新作をリリース

KOJOE - 51st State

アジア人で初めて名門ヒップホップ・レーベル Rawkus Recordsと契約したことでも知られる日本のバイリンガル・ラッパー、KOJOE(コージョー)が、ついに待望のニュー・アルバム『51st State』をリリース。「51番目の州」と題されたこの新作、日米両方で活躍した彼の疑問と苦悩を「これまで以上に日本語で伝える」力作となっている。

17歳のときに単身ニューヨークに渡ったKOJOEは、アジア人ラッパーとしては初となるRawkus Recordsとの契約を手にし、2011年にリリースされたコンピレーション『Terminal 3 Presents: The Academy』では数々の人気アーティストに混じって参加。レイクウォン(Raekwon)、コラプト(Kurupt)との“Samurydas”はリード・シングルにも選ばれるなど、その実力でヒップホップ・ファンの耳を惹き付けた。

昨年リリースしたデビュー・アルバム『MIXED IDENTITIES 2.0』から1年ぶりのリリースとなる新作『51st State』は、グローバルの波によい意味でも悪い意味でも呑まれていく日本に帰国したKOJOEが改めてそのアイデンティティを問う作品。トラックに合わせてフロウも変化していく映像的な“Cinema”、KOJOEの憧れの存在だったdj hondaとのコラボ曲“I Need More”といったこれまでのシングルも収録するが、B・ルイス(B. Lewis)のビートに惚れ込み、本人に直談判して譲ってもらったという圧倒的なリード・シングル“How Bad”、スミフン・ウェッスン(Smif N Wessun)との共演となる“歯車”、エミネム(Eminem)新作に参加しているという噂もあるMing参加の“Standin’ Still”など新曲も強力。また、KOJOEのメッセージが詰まった今作では日本語のリリックの「響き」「聞きとりやすさ」にこだわっており、「愛しく憎いこの島が51st/愛す人が居る限り守るこの51st」(“Island Blues”)などこれまで以上に彼のことば、想いがダイレクトに届く内容になっている。

KOJOEの新作『51st State』は3月6日からCD、デジタル配信と共に発売されている。

“How Bad”

“I Need More” (dj honda ft. KOJOE)