bmr

bmr>NEWS>フレンチ・モンタナのツアー先で発砲事件、1名が死亡

NEWS

フレンチ・モンタナのツアー先で発砲事件、1名が死亡

French Montana

ディディ(Diddy)率いるBad Boy Recordsとメジャー契約を結び、さらにリック・ロス(Rick Ross)率いるMaybach Music Groupからのバックアップも受け、華々しいデビュー・アルバムの発売が期待されている新進ラッパーのフレンチ・モンタナ(French Montana)。彼が完売となったコンサートからホテルへ向かう際に発砲事件が起き、その場に居合わせた男性が死亡した。

昨年“Pop That”などのヒットを生んだモロッコ系ラッパーのフレンチ・モンタナは現地時間で2月28日木曜の夜、フィラデルフィアで単独公演を行い、アフターパーティを開催する予定だったホテルに向かう際に事件は起きた。深夜0時頃にツアー・バスがホテルに到着すると、多くのファンがツアー・バスを囲ってしまい、身動きが取れない状態に。ここで黒の4ドアのセダンが近づき、何者かが車からツアー・バスに向けて銃撃。バスを囲んでいた群衆の中から2名が撃ち返したという。この銃撃の中で、26歳の男性が腹部に銃弾を受け、翌朝死亡したとのこと。また29歳の男性が肩に銃創を負ったという。

現在、目撃者を募るなど捜査が進められる中、フレンチ・モンタナは事件への関わりを否定。フレンチ・モンタナ側は声明を発表し、フレンチ・モンタナは事件当時バスの中におり、何が起こっているかも把握していなかったと説明し、また警察の捜査に協力しているとしている。現時点では容疑者は見つかっておらず、まだ誰も逮捕されたものはいないとのこと。