bmr

bmr>NEWS>Heartbeat、6ヵ月連続リリース第二弾はDJ MASTERKEYとのTLCカバー

NEWS

Heartbeat、6ヵ月連続リリース第二弾はDJ MASTERKEYとのTLCカバー

Heartbeat x DJ MASTERKEY - Creep

TV番組『ASAYAN』の「超歌姫オーディション」にて1万6千人の中、見事グランプリに輝き、デビューした勝又亜依子。現在はHeartbeat(ハービー)という名義で活動している彼女が取り組んでいる、90年代の洋楽R&Bカバー・シリーズの新曲を2月27日に配信リリース。今度はDJ MASTERKEYと、TLCの代表曲のひとつ“Creep”に挑戦した。

「90′s R&B Hot Memories 〜with Legend DJ’s〜」と題して「90年代」にこだわったリリースを続けているHeartbeat。2011年にDJ HASEBEとのタッグでモニカ(Monica)のリメイクとなる「もう一度 〜Before you walk out of my life〜」を、昨年10月にはDJ WATARAIとテヴィン・キャンベル(Tevin Campbell)のリメイクとなる「CAN WE TALK 〜声を聴かせて〜」をリリース、90年代R&Bの名曲を、日本のR&B/ヒップホップ・シーンを90年代から盛り上げてきたプロデューサー/DJたちと新たに蘇らせてきた。

今年1月からは6ヵ月連続配信リリースをスタートさせ、その第一弾としてDJ CELORYとのタッグでSWV名曲のリメイク「RIGHT HERE 〜ずっと二人で〜」を1月末に発表。これに続いて、連続リリース第二弾となる「CREEP 〜君のせい」が発売された。今回はBUDDHA BRANDのDJとしても知られるDJ MASTERKEYとのコラボレーションで、伝記映画の計画がここ最近話題を呼んでいるTLCの名曲“Creep”を日本語でカバー。2小節のループという難しいお題ということで、MASTERKEY自身も「いかに飽きのこないものにしていくかが今回の最大のテーマだった」と振り返っているが、90年代感を生かした絶妙な仕上がりになっている。