bmr

bmr>NEWS>ドレイク、ロック・ネイションへの移籍の噂を否定

NEWS

ドレイク、ロック・ネイションへの移籍の噂を否定

Drake - Started From The Bottom

一部でジェイ・Z(Jay-Z)のRoc Nationに移籍すると報じられていた人気ラッパーのドレイク(Drake)が、この噂について言及し、完全否定のコメントを出した。

超大型新人としてデビュー作『Thank Me Later』が初週44万枚と大ヒット、2011年にはさらなる期待に応える形で2ndアルバム『Take Care』が初週63万枚を記録と、人気が右肩上がりのドレイク。超売れっ子だけに以前からドレイクの移籍話は根強く囁かれてきたが、今年1月になって一部メディアが、ドレイクが自身のレ—ベルと共にRoc Nationに移籍、契約間近と報じ、ふたたび噂が再燃していた。

その後、内部関係者筋からそんな事実はないとの報道もあったが、ドレイクは先日開催されたNBAオールスターのアフター・パーティの中で、改めてこの噂を否定。所属するYMCMB(Young Money/Cash Money Billionaire)のボス、バードマン(Birdman)の誕生日を祝う場でもあったこのパーティで、「今夜みんなの前で言いたいことがある。俺はYoung Money/Cash Moneyと共にあることを誇りに思っている」とコメントし、「YMCMB for life」と生涯YMCMB宣言をし、噂をシャットダウンした。なおこのパーティでは先日発表したニュー・シングル“Started From The Bottom”もパフォーマンス。時期はまだ未定ながら、ドレイクは新作『Nothing Was the Same』を今年リリースする予定。

なおバードマンは、“Started From The Bottom”などを収録したYMCMB関連のコンピレーション的なミックステープ『Rich Gang: All Stars』を発表している。

“Started From The Bottom”


>> バードマン『Rich Gang: All Stars』ダウンロード・リンク