bmr

bmr>NEWS>Pファンク、JB’s、ロジャー/ザップら、「ファンクの伝説たち」を集めた『bmrレガシー』第4弾が発売

NEWS

Pファンク、JB’s、ロジャー/ザップら、「ファンクの伝説たち」を集めた『bmrレガシー』第4弾が発売

bmr legacy 4
ジェイムズ・ブラウンを支えたバンド、JB's。その流れを組みながらもファンクのイメージを変えたジョージ・クリントンやブーツィ・コリンズ、バーニー・ウォーレルらの通称「Pファンク軍団」。緻密できらびやかなサウンドで絶大な人気を博したアース・ウィンド&ファイアー。トレードマークの「トークボックス」で、ウェストコースト・ヒップホップに大きな影響を与えたロジャー・トラウトマン/ザップ。70年代から80年代に活躍した、ファンク系のアーティストたちのインタビューをまとめた単行本『bmrレガシー 灼熱のファンク・レジェンド』が2月15日に発売された。

これは音楽専門誌『bmr』に掲載されたインタビューをまとめた『bmrレガシー』シリーズの最新版で、テディ・ライリーやクインシー・ジョーンズが登場する『bmrレガシー スーパープロデューサーズ』、ディアンジェロやマックスウェルらを扱った『bmrレガシー ディアンジェロとネオ・ソウル』、スティーヴィー・ワンダーからボビー・ウーマックまでを収めた『bmrレガシー 栄光のソウル・レジェンド』に続く同シリーズの第4弾にあたる。今回収録されているのは、股間プロテクターを強調した前衛的なファッションで一世を風靡したキャミオ、「チカーノに最も愛された黒人バンド」といわれるウォー、チョッパー・ベースの元祖で元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのラリー・グラハム等、アグレッシブさと大御所の貫禄を併せ持つ伝説的アーティストばかり。また、ロジャー・トラウトマンを含む一部のアーティストは既に故人となっており、その意味でも貴重な内容といえる。また、「オハイオ・プレイヤーズのシュガーフットが亡くなった日に校了した」といういわくつきの書籍でもある。

前巻『bmrレガシー 栄光のソウル・レジェンド』同様に、各アーティストの活動をわかりやすく記したバイオグラフィ&ディスクガイド付きで、彼らの長いキャリアがコンパクトにまとめられている。また、ロジャー/ザップのトレードマークであり、のちに2パックの“California Love”等で再注目されたトークボックスの仕組みについての解説もあり、総合して初心者もファンクに入門しやすい一冊となっている。その一方で、ブーツィ・コリンズが着用していた衣装からヒントを得たというアニマル柄の表紙カバーをはじめアグレッシブな要素が混入されているのが、ファンクならではといえるかもしれない。

【登場アーティスト】
JB's
フレッド・ウェズリー
ジャボ・スタークス
クライド・スタブルフィールド
メイシオ・パーカー
キャミオ
ウォー
ギャップ・バンド
ラリー・グラハム
アース・ウィンド&ファイアー
オハイオ・プレイヤーズ
ロジャー/ザップ
ジョージ・クリントン
バーニー・ウォーレル
ブーツィ・コリンズ