bmr

bmr>NEWS>ティンバランド、ジェイ・Zのロック・ネイションと契約

NEWS

ティンバランド、ジェイ・Zのロック・ネイションと契約

Timbaland Jay-Z Roc Nation

ヒップホップに留まらず、音楽史にその名を刻む革新的なビートを産み出したプロデューサー/ラッパーのティンバランド(Timbaland)が、ジェイ・Z(Jay-Z)のRoc Nationとマネジメント契約を結んだことが明らかになった。

ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)の最新シングルでも、プロデューサーとゲスト・ラッパーという形で顔を合わせていたティンバランドとジェイ・Zだが、Roc Nationの公式サイトに、スタジオでふたりが会話をしている様子の写真が「Welcome Timbaland To The Roc Nation Family」との題名で公開された。Roc Nationのサイトでは、マネジメント部門にティンバランドの名前が載っていることから、Roc Nationがティンバランドの活動をバックアップしていく形になるようだ。具体的なことは発表されていないが、ティンバランドは現在、ジャスティン・ティンバーレイクやミッシー・エリオット(Missy Elliott)、ケリー・ヒルソン(Keri HIlson)、ジェイ・Zの妻ビヨンセ(Beyonce)らの新作を手がけているのに加えて、自身のソロ新作の制作に取りかかっているとされている。

Roc Nationのマネジメント部門は、昨年もミーク・ミル(Meek Mill)、M.I.A.、ケイシー・ヴェジーズ(Casey Veggies)、シャキーラ(Shakira)らと契約。他にもリアーナ(Rihanna)、ソランジュ(Solange)らのアーティストから、スターゲイト(StarGate)、ノーI.D.(No I.D.)、スウィッチ(Switch)といった人気プロデューサーなどのマネジメントを手がけている。