bmr

bmr>NEWS>ソー・ソー・デフ20周年記念コンサートでクリス・クロスが再結成

NEWS

ソー・ソー・デフ20周年記念コンサートでクリス・クロスが再結成

Kris Kross

1992年に全米チャート1位を記録した“Jump”などの大ヒットで知られるキッズ・ラッパー・デュオのクリス・クロス(Kris Kross)。およそ7年ほどの活動期間という短命に終わった彼らが、今年2月に再結成し、パフォーマンスを披露することが正式に発表された。

マライア・キャリー、アッシャーなどを手がける人気プロデューサーのジャーメイン・デュプリ(Jermaine Dupri)がそのキャリア初期に送りだし、彼にとって初めての商業的な成功となったのが、クリス“マック・ダディ”ケリーとクリス“ダディ・マック”スミスのふたりの少年から成るクリス・クロス。ハニー・ドリッパーズの“Impeach The President”やジャクソン5“I Want You Back”をサンプリングしたキャッチーなデビュー曲“Jump”は、ローティーンの少年ふたりの愛らしいラップとあいまって大ヒット、一躍ティーン・アイドルとしての人気を確立したものの、96年に3rdアルバムをリリースして以降は表舞台から姿を消していた。

その彼らが、再結成し、パフォーマンスを披露するという。これはジャーメイン・デュプリのレーベル So So Def Recordingsの創立20周年を祝う記念コンサートの一環となるもの。いまや30代となるクリス・クロスのふたりも駆けつけ、パフォーマンスを披露する。このコンサートには、すでにSo So Defを去ったジャギド・エッジ(Jagged Edge)やバウ・ワウ(Bow Wow)、また2011年に出所し、デュプリの力を借りて再起を図っているダ・ブラット(Da Brat)らも参加。記者会見には、デム・フランチャイズ・ボーイズ(Dem Franchise Boyz)やボーン・クラッシャー(Bone Crusher)、デュプリの父で音楽業界の重鎮マイケル・モールディン(Michael Mauldin)らも姿を現した。また、現メンバーは不明ながら、エクスケイプ(Xscape)のコンサート参加も発表されている。クリス・クロスの再結成がこのコンサートのためだけの一時的なものかどうかはまだ不明。

この記念コンサートは2月23日、デュプリの本拠地であるアトランタで開催される予定で、すでにゲームの“Celebration”を使った記念曲が、JDとジャギド・エッジ、バウ・ワウ、ダ・ブラット、またSo So Defの現メンバーであるドンドリア(Dondria)、フレスコ・ケイン(Fresco Kane)によって吹き込まれ、公開されている。デュプリらは、このコンサートだけでなく、6月に20曲を収録したベスト盤『Best of So So Def』のリリースも予定しているとのことで、20周年を迎える同レーベルの動きは活発になるようだ。ダ・ブラットは先日、新曲“Talk To Me”を発表しており、まもなくミックステープもリリースするとか。

JD, Jagged Edge, Dondria, Da Brat, Bow Wow & Fresco Kane – Celebration freestyle

Da Brat – Talk To Me

Kris Kross – Jump