bmr

bmr>NEWS>dj hondaとKOJOEが夢のタッグ、コラボ曲を世界配信

NEWS

dj hondaとKOJOEが夢のタッグ、コラボ曲を世界配信

dj honda KOJOE

世界的に人気を確立している日本人DJ/プロデューサー、dj hondaと、アジア人で初めて名門ヒップホップ・レーベル Rawkus Recordsと契約したことでも知られる日本人ラッパーのKOJOE(コージョー)が夢の共演を果たし、コラボレーション曲“I Need More”をリリースした。

レイクウォン(Raekwon)、スタイルズ・P(Styles P)らとの共演でも話題を呼んだ日本のバイリンガル・ラッパー、KOJOEは、17歳のときに単身ニューヨークに渡り、現地のヒップホップを体感。その頃から彼の憧れの存在だったのがdj hondaだったという。昨年10月にシングル“Cinema”を配信リリースする際に組んだ話題のディストリビューション・サービス TUNECORE JAPANが両者をつなぎ、dj hondaもKOJOEならと快諾、あっという間にコラボレーションが実現したのだとか。

「流行り廃りに流されず、自分自身のスタイルを貫きとおしてきたdj hondaさんの生き方そのものに感銘を受けて来た」と言うKOJOEは、今回のコラボ曲“I Need More”について「ビート選びから楽しくてしょうがなかった」とコメント。彼が最終的に選んだのは、90年代ニューヨークのヒップホップを思わせる、普遍的な魅力に満ちたビートで、「金や名声だけでは何かが物足りない」という想いを歌っている。また世界的なアーティストであるdj hondaとの共演ということで、今回は英語でラップ。TUNECORE JAPANによる世界配信とあわせて、広く話題を集めそうな強力なシングルとなっている。