bmr

bmr>NEWS>人気R&Bシンガーのラティーフ、あのカバーも収録した新作をリリース!

NEWS

人気R&Bシンガーのラティーフ、あのカバーも収録した新作をリリース!

Latif - IV Love

グラミー候補となったフェイス・エヴァンス“Gone Already”や、ミュージック・ソウルチャイルドの人気曲“Teachme”などを手がけたソングライターで、故テディ・ペンダーグラスの“弟子”的存在だったというR&Bシンガーのラティーフ(Corey Latif Williams)が、自身の新作『IV Love』をリリースする。

ソングライターとしてクリス・ブラウン、トレイ・ソングズ、ミュージック・ソウルチャイルド、フェイス・エヴァンスなどの楽曲を制作する傍ら、ソロ・シンガーとしても活躍するラティーフ。2003年にMotown Recordsから『Love In The First』でデビュー後しばらくは裏方として活動していたが、2010年にスターゲイトら人気プロデューサーも参加した新作『Love Is Love』を発表。日本で2万枚を超えるヒットを記録し、それを受けて翌2011年にも3rdアルバム『Love Life』をリリースしていた。

そのラティーフがおよそ1年半ぶりとなる新作『IV Love』を1月16日にリリース。デビューから常にコラボレーションしてきた人気プロデューサーのライアン・レズリー(Ryan Leslie)の参加はもちろんのこと、フェイス・エヴァンス“Gone Already”やミュージックの“Teachme”などを共に手がけてきたカーヴィン&アイヴァン(Carvin Haggins & Ivan Barias)らに加え、ニーヨ、ミゲル、ジョン・レジェンドらを手がける新進プロデューサー・チームのファットボーイズ(Phatboiz)や、エミネムのバッド・ミーツ・イヴィル feat. ブルーノ・マーズのヒット曲“Lighters”をプロデュースしたバトル・ロイ(Battle Roy)といった強力な布陣が今回もサポート。得意とする美しいメロディを武器に、常にタイトルに盛り込んでいる「love」を歌っている。

前作では、追悼も込めてテディ・ペンダーグラスの“Love TKO”をカバーしていたラティーフだが、今回は、かつてライアン・レズリーと共に制作したシェリー・デニス(Cheri Dennis)のヒット・シングル“I Love You”のセルフ・カバーを披露。一方、先行して1月9日にリリースされたiTunesバージョンは、“I Love You”の代わりに敬愛するライオネル・リッチーの名曲“Say You, Say Me”のカバーを収録して1500円となっており、ファンは両バージョンとも欲しくなるという作品になっている。