bmr

bmr>NEWS>ブレイク候補を占う英「サウンド・オブ2013」、エンジェル・ヘイズが3位に

NEWS

ブレイク候補を占う英「サウンド・オブ2013」、エンジェル・ヘイズが3位に

Angel Haze

これまでにアデル(Adele)、ジェイムス・ブレイク(James Blake)、マイケル・キワヌーカ(Michael Kiwanuka)らを選出してその後のブレイクにもつながった、英BBC放送による期待の新人アーティストを紹介する恒例企画「Sound of」。今年活躍が期待される「Sound of 2013」のトップ5がついに発表された。

昨年12月に15組の候補アーティストの名前が発表された「Sound of 2013」。“もっとも活躍が期待される”堂々の1位にはLAの3姉妹ポップ・バンド、ハイム(Haim)が選ばれた。2位にはアルーナ・フランシスとレイト・ジョージから成るR&B/エレクトロ・ポップな男女デュオのアルーナジョージ(AlunaGeorge)、3位にはデトロイト出身、ニューヨークを拠点に活動する21歳の女性ラッパー、エンジェル・ヘイズ(Angel Haze)、4位にはフォーキーな味わいも持つ英女性シンガー・ソングライターのローラ・マヴーラ(Laura Mvula)、そして5位にはスコットランドはグラスゴーのエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチーズ(Chvrches)が選出されている。すでに“ブレイク済み”とも言えるザ・ウィーケンド(The Weeknd)はトップ5からは漏れた形となる。

4位となったローラ・ヴーラは3月にRCA Recordsからデビュー作『Sing To The Moon』をリリース予定で、トップ5組の中ではひと足先に脚光を浴びそうだ。またアルーナジョージは、Island Recordsからのデビュー作『Body Music』を6月にリリース予定で、ちょうど新曲“Diver”を公開したばかり。ハイム、チャーチーズらも2013年にデビュー作をリリースする予定とされている。

なお、幼少期に性的虐待を受けた過去などを赤裸々に明かした“Cleanin’ Out My Closet”などでも注目され、Republic Recordsとのメジャー契約も手にしているエンジェル・ヘイズは、昨年の「Sound of 2012」で同じく3位となった女性ラッパーのアジーリア・バンクス(Azealia Banks)とTwitter上で衝突。アジーリアの「ニューヨークで生まれ育ったでもないのにニューヨークを主張しないでほしい。ニューヨーカーじゃないんだから」といったツイートがきっかけで討論、エンジェルがアジーリアを口撃する“On The Edge”という曲を発表する事態となっている。

Sound of 2013: Top 5
1. Haim
2. AlunaGeorge
3. Angel Haze
4. Laura Mvula
5. Chvrches

AlunaGeorge – Your Drums, Your Love

Your Drums, Your Love (Remixes) - EP - AlunaGeorge

Angel Haze – New York

New York EP - Angel Haze

Angel Haze – On The Edge (Azealia Banks diss)

Laura Mvula – Like The Morning Dew