bmr

bmr>NEWS>アンドレ3000、トラヴィス・スコット、モーゼス・サムニーら参加 ジェイムス・ブレイクが新作を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

アンドレ3000、トラヴィス・スコット、モーゼス・サムニーら参加 ジェイムス・ブレイクが新作を発表 [全曲フル試聴可]

James Blake - Assume Form

ダブステップ以降のエレクトロニックなサウンドと共に新たなシンガー・ソングライター像を打ち出し、ビヨンセ、ジェイ・Z、フランク・オーシャン、ケンドリック・ラマー、チャンス・ザ・ラッパーら人気アーティストたちとも共演するジェイムス・ブレイク(James Blake)が、2年半以上ぶりとなる新作『Assume Form』を18日に発表した。

クラシック・ピアノを学びながら、モータウンのソウル・ミュージックを通してゴスペル・オルガンにも親しみ、10代最後にロンドンのクラブで出会ったグライム~ダブステップやガラージ・サウンドを組み合わせ、ダブステップ以降のエレクトロニックなシンガー・ソングライター像を打ち出した2011年のデビュー作『James Blake』で世界に衝撃を与えたジェイムス・ブレイク。2013年4月にリリースした2ndアルバム『Overgrown』は、その年もっとも優れたアルバムを選ぶマーキュリー賞に輝き、また第56回グラミー賞の最優秀新人賞の候補にもなるなど、その評価はさらに拡大。ビヨンセの大ヒット作『Lemonade』やケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『DAMN.』を始め、フランク・オーシャン、ジェイ・Z、トラヴィス・スコット、ヴィンス・ステイプルズらの作品を手がけるなど、幅広く活躍している。

2018年には、記録的な大ヒットとなった映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品で、ケンドリック・ラマーがキュレーターを務めた『Black Panther: The Album』に参加し、ゲスト参加した“King’s Dead”は全米シングル総合チャートで最高21位のヒットに。意外にも、ジェイムス・ブレイクにとって初の全米トップ40ヒットとなった。

自身も、2017年にドン・マクリーンのカバーとなるピアノ弾き語りの“Vincent”、そして2018年1月には一転して初期のエレクトロニックなスタイルに戻った“If The Car Beside You Moves Ahead”、同6月にマウント・キンビー(Mount Kimbie)のドミニク・メイカー(Dominic Maker)と共に手がけた“Don’t Miss It”と発表してきたジェイムス・ブレイクは、昨年末になって2019年の北米ツアーを発表。そのチケットには「ジェイムス・ブレイクの来る新作」も含まれると購入者向けのアナウンスがあり、ニュー・アルバム発表への期待を高めていた。そして年が明けると、ジェイムス・ブレイクの新作『Assume Form』が1月25日に発売されることが正式に発表された。

前作『The Colour In Anything』からおよそ2年8ヵ月ぶりとなる『Assume Form』は、全12曲、50分弱を収録。アウトキャストのアンドレ3000 (André 3000)、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、メトロ・ブーミン(Metro Boomin)、モーゼス・サムニー(Moses Sumney)、ロザリア(ROSALÍA)の5名がゲストとして名を連ねている。アンドレ3000とは昨年、ドレが発表した17分にも及ぶ“Look Ma, No Hands”で共演。トラヴィス・スコットとは、トラヴィスの2016年作『Birds In The Trap Sing McKnight』でアンドレ3000が参加した“The End”にジェイムス・ブレイクは「アディショナル・ボーカル・エディット」で関わっていたほか、昨年の大ヒット作『ASTROWORLD』では全米シングル総合チャートで最高27位を記録した“STOP TRYING TO BE GOD”にゲスト参加している。

トラヴィス・スコットも手がけるヒップホップ・プロデューサーのメトロ・ブーミンは2曲で参加。そのうち、トラヴィス・スコットも参加した“Mile High”は、メトロ・ブーミンとトラヴィスがセッションしているスタジオにジェイムス・ブレイクが招かれ、一緒にセッションしたことから生まれたものだという。メトロ・ブーミンが関わったもう1曲、“Tell Them”には、以前から交流のあるモーゼス・サムニーが参加。フラメンコを現代ポップスとして昇華した音楽性でスペインのみならず世界から注目を浴びている新星ロザリアは、彼女の2017年のデビュー・アルバム『Los Ángeles』から注目し、オファーしたのだとか。また『Assume Form』は全12曲中、半数以上となる7曲でドミニク・メイカーが共同プロデューサーとして名を連ねている。

なおジェイムス・ブレイクのこの最新作『Assume Form』は、2月20日に日本国内盤も発売予定。こちらは、アルバム未収録に終わっていた“Vincent”と“If The Car Beside You Moves Ahead”の2曲がボーナストラックとして追加される予定だ。

1. Assume Form [prod. by James Blake / co-prod. by Dominic Maker]

2. Mile High (feat. Metro Boomin & Travis Scott) [prod. by James Blake, Metro Boomin, Dre Moon & Wavey]

3. Tell Them (feat. Metro Boomin & Moses Sumney) [prod. by James Blake, Metro Boomin, Dre Moon & Allen Ritter]

4. Into The Red [prod. by James Blake / co-prod. by Dominic Maker]

5. Barefoot In The Park (feat. ROSALÍA) [prod. by James Blake / co-prod. by Dominic Maker]

6. Can’t Believe The Way We Flow [prod. by James Blake / co-prod. by Dominic Maker]

7. Are You In Love? [prod. by James Blake]

8. Where’s The Catch? (feat. André 3000) [prod. by James Blake]

9. I’ll Come Too [prod. by James Blake & Dominic Maker]

10. Power On [prod. by James Blake & Dominic Maker]

11. Don’t Miss It [prod. by James Blake / co-prod. by Dominic Maker]

12. Lullaby For My Insomniac [prod. by James Blake]

[Japanese bonus track]
13. Vincent [prod. by James Blake]

14. If The Car Beside You Moves Ahead [prod. by James Blake]