bmr

bmr>NEWS>チャリティーイベントにAtlanticのHIPHOPアーティストが集結、HIPHOPのWarnerをアピール。

NEWS

チャリティーイベントにAtlanticのHIPHOPアーティストが集結、HIPHOPのWarnerをアピール。

HIPHOPに力を注ぐことを公言しているWarner Music傘下のAtlantic Recordsがチャリティーイベント"Joint Chiefs"ツアーを開始した。23日には、NYハーレムのアポロ・シアターでの公演が行われ、リル・キム(Lil’ Kim)とDJエンヴィー(DJ Envy)がホスト役を務めたとのこと。トリック・ダディ(Trick Daddy)、ジュヴィナイル(Juvenile)、T.I.ファボラス(Fabolous)、ファット・ジョー(Fat Joe)といったAtlantic Recordsのアーティストたちが出演した。

まず"Let’ Go"がヒット中のトリック・ダディ(Trick Daddy)と[ジュヴェナイル](Juvenile)がそれぞれのヒット曲メドレーでサウス・バウンスを披露し、続いて多数の客演を経て人気を獲得しつつあるT.I.スウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)とともに現れ、最新曲"Bring ‘Em Out"や"Rubberband Man"などをパフォーマンス。さらにこちらも新作をリリースしたばかりのファボラス(Fabolous)が登場し、"Breathe"などをパフォーム。最後にテラー・スクワッド(Terror Squad)のメンバーを引き連れたファット・ジョー(Fat Joe)が、"We Thuggin’"や"Lean Back"などを披露しトリを飾ったそうだ。

ちなみにこの"Joint Chiefs"ツアーでのチケット売上金はハーレムや南アフリカでの慈善事業に充てられることになるという。