bmr

bmr>NEWS>2004年大活躍のアッシャー、映画業界へ参入!?

NEWS

2004年大活躍のアッシャー、映画業界へ参入!?

2004 Billboard Music Awardsで最多11部門を授賞したのを始め、数々の音楽賞を総なめにしているアッシャー(Usher)。今年3月にリリースされたアルバム "Confessions"が全米だけで800万枚という驚異のセールスを記録、さらに"Yeah!"、"Burn"、"Confessions Part II"、"My Boo"の4つのシングルがチャート初登場1位に輝くという快挙を達成している。その人気にあやかってか自身の顔がプリントされたデビット・カードを出すなど、2004年は「アッシャーの年」と言っても過言ではないほどの活躍ぶりを見せてくれた。

その彼が出演するショートムービー"Rhythm City Vol.1 : Caught Up"が、大晦日の夜に上映れることになったそうだ。作中にはアルバム"Confessions"に収録されている4曲"Seduction"、"Caught Up"、"Red Light"、"Take Your Hand"それぞれが組み込まれた演出がなされており、NY現地時間31日23時からFox TVで放送されるカウントダウン番組"New Year’s Eve"にて放送されるとのこと。

アッシャーは2005年には"Dying For Dolly"、"Step in the Name of Love"など4本の映画に出演することになるそうだ。

先月ローマで開かれたMTVヨーロッパアワーズの授賞式で、ホストのイグジビット(Xzibit)がアッシャーを紹介する際、「アッシャーにとって今年はとても良い年だっただろうが、おかげでホモの連中も良い思いをしただろうよ」と発言。このジョークがアッシャーには通じず、反論したため観客が呆然とする一幕もあったそうだ。