bmr

bmr>NEWS>Pディディ、Bad Boyの新しい配給レコード会社を物色中?

NEWS

Pディディ、Bad Boyの新しい配給レコード会社を物色中?

P.ディディ(P. Diddy)が、来年Universalとの契約が切れるBad Boyの新しい配給会社を求めて、すでに数社のレコード会社の重役達と交渉を持っていることをNY Timesが報じた。

Bad Boyは2002年にAristaから離脱し、2003年におよそ2000万ドルでUniversalと契約した。当時P.ディディは、Bad BoyをInterscopeや Atlanticなどと肩を並べる超一流レーベルにするという大いなる野望を持っていた。Bad boyは映画"Bad Boy?"のサン

トラの大ヒットで華々しいスタートを飾ったが、後続のメイス(Mase)、ルーン(Loon)、カール・トーマス(Carl Thomas)などは期待された程の結果を残せなかった。

昨年は、P.ディディ自身も政治的な活動やアパレルなど本業以外に時間をとられることも多く、現在Bad Boyは音楽業界では不振なため、Universalから提示されたオファーは未公表ながらレーベル側の求める条件以下のものだったという。これによりPディディはより良い条件での契約を求めて新しい配給会社を探しに乗り出したらしい。