bmr

bmr>NEWS>ファット・ジョー率いるテラー・スクワッドの大ヒット”Lean Back”に盗作疑惑?

NEWS

ファット・ジョー率いるテラー・スクワッドの大ヒット”Lean Back”に盗作疑惑?

昨年前半から超ロングヒットを記録しているテラー・スクワッド(Terror Squad)の"Lean Back"に盗作疑惑が持ち上がった。HihopDX.comが報じたところによると、問題の曲はフェイス・ダーティ(Christopher Chapman a.k.a. Face Dirty)というアラバマ州、バーミンガム出身のサウス系ラッパーが2003年にリリースしていた曲の焼き直しである可能性が高いという。

2003年3月にリリースされたこのクランク版"Lean Back"はもっとスローで、独自のダンスをフィーチャーするという同様のアイディアも含まれていたという。これがUniversal/MotownレーベルのA&Rの手に渡り、フェイス・ダーティ自身のアーティスト契約の交渉も進んでいたが後にこの契約は反故にされ、テラー・スクワッド版"Lean Back"がリリースされた。これに対してフェイス・ダーティは数々の証拠を準備して訴訟の準備をしており、彼がの訴えが認められれば巨額のロイヤリティが支払われることになるようだ。