bmr

bmr>NEWS>獄中のアーティスト活動に規制? シャイン、C-マーダーらに裁判所命令。

NEWS

獄中のアーティスト活動に規制? シャイン、C-マーダーらに裁判所命令。

獄中からアルバムをリリース、その後もDef Jamレーベルとの再契約を果たしたシャイン(Shyne)に対して、契約金などを含む資産の凍結命令が出された。これは通称「サムの息子」法と呼ばれる条例に基づくもので、囚人が犯罪から得た可能性のある所得を凍結するというもの。彼が訴追された銃撃事件についての民事裁判が決着するまでは、Def Jamとの契約金50万ドルを含む資産を自由にすることは出来なくなった。

一方、殺人罪で終身刑となったにも関わらず、獄中でも音源を制作、PVの撮影まで行った上、アルバムをリリースしたことで話題を呼んでいたCマーダー(C-Murder)に対しても規制が行われることとなった。この規制は彼を担当する弁護士などが、刑務所内での接見時に一般的なペンの使用を禁ずるというもの。ペンの内部を利用しての物品の受け渡し、特に歌詞を書いた紙などの伝達を禁止する目的によるということで、使用が許されるのは鉛筆とシンプルなメモ帳のみと指定されたという。